着付け教室☆二重太鼓

 コピー ~ RIMG15701 回転  コピー ~ RIMG15702 回転
9月に入ってから2回目のお稽古です(前回の様子はこちら)。
今日は名古屋帯と袋帯をお持ちいただきました。
名古屋帯と袋帯の大きな違いは、その長さです。
名古屋帯の総尺は9尺~9尺5寸(340cm~360cm)で、袋帯の総尺は1丈1尺~1丈1尺3寸(417cm~428cm)です。
仕立てが袋帯で長さが名古屋帯より少し長い京袋帯というのがありますが、名古屋帯になります。
今日は袋帯を使って二重太鼓の練習を行ないました。
濃いきもの地に白い色地の帯で、すっきりとした仕上がりになっていますね。

色無地☆七五三祝

コピー ~ RIMG15692 回転   コピー ~ RIMG15693 回転
本日は、お嬢様の七五三お祝いにて神社へご参拝にお出かけのお客様のお着付けをさせていただきました。
三つのお祝いおめでとうございます。
お着物は、お母様から受け継がれたという淡い桜色の色無地小紋。
美しく浮き沈みする地模様に光が当たり、絹独特の艶めきを感じさせます。
帯は、繊細な金糸が程よく光沢を演出する帯地に、ふわりと浮かび上がる花意匠が織り込まれた袋帯。
フォーマルの装いに重厚な華やぎを添え、七五三に相応しい装いです。
お子様のご健康とご家族皆様のご多幸をお祈り申しあげます。

きもの着付け教室☆一重太鼓

   コピー ~ RIMG15648 回転   コピー ~ RIMG15649 回転
風が秋色になってたきのを少しずつ感じるようになりました。
さて、夏の間お休みしていたきもの着付け教室ですが、2ヶ月ぶりに再開しました。
今日は、しばらくお休みされていた開講当初からの生徒様が久しぶりに参加してくださいました。
上田紬の小紋の着付けと塩瀬の名古屋帯という組み合わせで、一足早い秋の装いです。
襟元がすっきりとして、くずれのない正統派のお着付けです。
きもの着付けは久しぶりとおっしゃっていますが、おはしょりもおくみ線がきれいに重なっていて、手直しの必要が全くありませんでした。
帯は結ぶ位置によって柄の出し方が違ってくるので、いろいろと試しながら楽しんでいけたらいいですね。
ギャラリー 創作帯結び
プロフィール

 圭 Kei

Author: 圭 Kei
       
☆きもの着付け師
  Kimono coordinator
財団法人・民族衣裳文化普及協会推薦京都きものコンサルタント協会きもの教授資格

☆着付指導
☆着付講師養成指導
☆ウォーキング講師
 Walking Stylist

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
さくらが3Dで降るブログパーツ ver2