FC2ブログ

小紋☆祝賀パーティー

 コピー ~ RIMG12773 回転   コピー ~ RIMG12774 回転
陽春の光がまぶしい今日、お父様の祝賀パーティーにご出席されるというお母様とお嬢様がお見えになりました。
お嬢様は、三年前のご卒業式の時にお手伝いさせていただき、このような晴れの日に再びお目にかかれて嬉しく思います。
お母様のお着物は、代々受け継がれた高級な先練り・先染めのきもの 御召しです。
御召しは染めの縮緬地よりもシボが控えめで、紬よりは目が詰んでいて、落ち着いた光沢が特徴です。
御召御納戸の地に古典の扇柄が配され、さらに幻想的な流水柄が染めに見立てて織られているという大変手の込んだお品です。
年輪が刻まれていながらも現代のお着物シーンに調和したその上品な仕上がりは、華やかなパーティーにふさわしいでしょう。
能のワンシーンが刺繍された名古屋帯は、絵を浮き立たせて独特の格調高さを感じさせるような銀座結びにしてみました。
お嬢様のお着物は、淡い色の縮緬生地に四季花模様一面が染め上げられた友禅小紋。
繊細で上品な魅力に溢れる味わいを感じさせてくれ、ご卒業の日にも袴とご一緒にお召しになりました。
帯は、薄い柿色の塩瀬地に椿の花が大きく描かれた清雅な印象の名古屋帯。
パーティーの場にちょっとお洒落な帯結びをと兎のお耳をイメージして帯姿を飾ってみました。

                 コピー ~ RIMG12777 
この度も素敵なお手紙を頂きまして、お客様の暖かいお心遣いに感謝いたしました。
ありがとうございます。

新着付け教室☆一重太鼓

今年は桜の季節が早くに過ぎ、葉桜がちらほら。
今日は、小紋のお着物に名古屋帯での一重太鼓を行いました(前回の様子はこちら)。
着物を着付ける時は、基本的に腰から下・上と分けて着付けていきます。
着物を羽織った後に腰から下を先に決めますが、この時裾で床を掃くような感じで褄先を床スレスレの位置に持っていきます。
下前の褄先を床から離したまま腰骨の位置に持っていくと裾線が上がってしまうので、裾線を床と平行にし、最後に持ってきた所で、手首を使って一気に15cm引き上げます。
上前も同じ要領で5cm引き上げてから、腰紐を付けます。
腰紐を付けた後は、上半身を整えていくのですが、ここでのポイントは、おはしょりを一重にするという処理です。
回数を重ねて着付けていくと、襟元が美しく仕上がっていくのが分かります。
生徒様は、ご自分で着付けられた着物姿でお帰りになりました。

5月の新着付け教室は、第三(20日),第四(27日)月曜日に変更になりましたので、よろしくお願いいたします。

中振袖☆結婚式

 コピー ~ RIMG12717 回転   コピー ~ RIMG12714 回転
今日は、ご友人の結婚式にご出席されるというお嬢様のお宅へ伺って参りました。
お着物は、お母様から受け継がれた綸子生地の艶やかな中振袖。
光沢・手触りの良い絹地が、あまやかなピンク色に染め上げられ、瑞々しい華やぎに満ちたお品です。
白い花びらが舞い散り、甘く気品のある印象を与えますね。
帯は、しっかりとした織口の白銀地に、飛翔する鶴の意匠が織り出された袋帯。
帯結びは、ふくら雀をアレンジした青海波という帯結びをしてみました。
こじんまりと落ち着いてまとめながらも、優美で清麗な雰囲気を表現しました。
ミスの第一礼装として、お祝いの席で晴れやかに、麗しくお過ごしいただけることと思います。

小紋☆入学式

 RIMG12669 回転   RIMG12671 回転
今日は、お嬢様が小学校のご入学を迎えられるということで、先日お着物の着付けをさせていただいた私の友人宅へ伺ってまいりました。
お着物は、白の正絹地に杏色の幾何学模様が染めこまれたモダンで粋な小紋です。
同系色の伊達衿を重ねて、より格高く演出してみました。
帯は、きりりと小粋で味わいある赤銅色の塩瀬地名古屋帯。
お太鼓と前柄に散りばめられた薄い金が意匠に立体感を醸し出し、一格上のシルエットを演出していますね。
お嬢様のご入学おめでとうございます。
晴れの良き日に、微力ながらもお手伝いさせていただくことができ、大変嬉しく思います。
是非これからも一緒に家族ぐるみで楽しい思い出を作っていきましょう。

新着付け教室☆名古屋帯・作り帯

春もたけなわになってきました。
お教室では新しい生徒様も加わり、今月からさらに新たな気持ちでお稽古を行っていきたいと思います(前回の様子はこちら)。
今日は、名古屋帯での一重太鼓と作り帯での二重太鼓を行いました。
初めて締める帯は、基本の締め方をしてもお太鼓の部分にくる柄が変わってくるので、どのような柄を持ってきたいかを見ながら、手先をどのくらいの長さにすればいいのかを調節しながら締めていくと良いでしょう。
作り帯は、着物初心者の方や、着物をよく着るけど帯結びが面倒だと感じたり、急いでいる場合などに重宝されます。
簡単に帯が付けられ、作り帯だとほとんどの方が気がつきませんし、帯を痛めないというのも利点ですね。
こちらの教室では、特別なカリキュラムはなく、それぞれの生徒様のご要望に応じて稽古を進めていくので、いつでもお気軽にご参加ください。
また、時間配分や指導の面で些さか行き届かない部分もあるかと思いますが、それぞれの回の内容に応じながら、生徒さんにご満足いただけるよう出来る限りのお手伝いをさせていただきたいと思います。
今日はご見学の方もお見えになって、次回からはご一緒されることになりましたので、楽しみにしております。
ギャラリー 創作帯結び
プロフィール

 圭 Kei

Author: 圭 Kei
       
☆きもの着付け師
  Kimono coordinator
財団法人・民族衣裳文化普及協会推薦京都きものコンサルタント協会きもの教授資格

☆着付指導
☆着付講師養成指導
☆ウォーキング講師
 Walking Stylist

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
さくらが3Dで降るブログパーツ ver2