FC2ブログ

ワンポイント着付け教室☆小紋・半幅帯

   コピー ~ RIMG12617 回転     コピー ~ RIMG12618 回転
今日は、お着物を着てお祖母様に会いに行きたいとおっしゃるお客様がワンポイントレッスンにお見えになりました。
基本をマスターするため、小紋の着付けと半幅帯の結び方を行いました。
着物の着方ポイントの一つは、裾合わせです。
裾を床スレスレの位置に決める時、床を掃くような感じで褄先を床から離さないように注意すること(写真左上)。
下前の褄先を床から離したまま腰骨の位置に持っていくと裾線が上がってしまうので、裾線を床と平行にし、腰骨に持ってきた所で、手首を使って一気に15cm引き上げます(写真右上)。

  コピー ~ RIMG12619   コピー ~ RIMG12620
下前の衿を決めた時に、下前のおはしょりを斜め上内側に折り上げると、おはしょりのラインが一重でスッキリと美しくなります(写真左上)。
下前と上前の衿が交差する点が首の中心に来るように合わせます(写真右上)。

コピー ~ RIMG12621 コピー ~ RIMG12622 コピー ~ RIMG12623 コピー ~ RIMG12624
帯は、手先の約45cmを半分に折り、輪を外にして右肩に乗せ、左から後ろへ巻いていき、ニ巻き目を持ってきたら、下側の帯を押さえながら、上の帯をキュッと引き締めます(写真1)。
手先を上にして結びます(写真2)。
帯の長い方(垂れ)を、結び目のきわで開いて、背幅くらいの長さに屏風だたみに折っていき、羽根を作ります(写真3)。
リボンの真ん中に手先を上からかぶせ、リボンの下を通って上に出すことを2回行い、最後は手先の端を帯の中に入れ込みます(写真4)。

   コピー ~ RIMG12625 回転     コピー ~ RIMG12626 回転
前で作ったリボンを背中へ持っていき出来上がり。
片流し(写真左上)、手先を出して都結び風に(写真右上)。

卒業袴☆卒業式

  コピー ~ RIMG12613 回転  コピー ~ RIMG12615 回転
卒業シーズンも大詰めを迎えた本日のお客様は、大学の卒業式をお迎えになるというお嬢様。
袴姿の定番中の定番である紅白の矢羽柄の着物に紺の袴という組み合わせは、ハイカラさんを思い出させ、若々しさと可愛らしさがとても魅力。
一見シンプルに見えますが、大勢の中で写真に映ったりすると非常に引き立ち、一度は着てみたいと多くの方が憧れる袴姿です。
着物と衿の色面がはっきりとしているので、半襟にロマンティックな柄の刺繍ものを持ってくることで、雰囲気が大きく変わります。
そのため、着付けの際の衿合わせは、半衿部分を大きめに出してみました。
ご卒業おめでとうございます。
新しい人生の門出を心よりお祝いいたします。

振袖☆卒業式

  コピー ~ RIMG12609 回転  コピー ~ RIMG12611 回転
本日は、大学院の卒業式を迎えられるお客様がお見えになりました。
お着物は、漆黒に染め上げられた絹地がたっぷりと重みを感じさせる振袖。
その地に鮮やかに満ち満ちる辻が花の華やぎ・・・冴えある色どりのコントラストで華麗な花々が舞い降りるかのようです。
帯は、黒地に金銀が重厚に、さらに桜の美匠が大胆に織り上げられた装飾豊かな袋帯です。
華麗な作風とボリュームある織味で、お振袖の美しさを存分に引き出してくれています。
帯結びは、大空への飛翔をイメージして、華やかな帯姿を演出してみました。
ご卒業おめでとうございます。
ご卒業後は海外へ留学されるということで、これからの更なる飛躍をお祈りいたします。

訪問着☆結婚式

 RIMG12590 回転  RIMG12592 回転
うららかな春の日、ご友人の結婚式にご出席されるというお客様がお見えになりました。
桜色をベースにした地に、クリーム色や淡いグレーのぼかしと紅葉や松を配した正統派フォーマルスタイルの訪問着です。
しなやかでとろりとした風合いのちりめん生地で、優雅な華やぎと上質な絹の風合いに包まれています。
帯は、ほのかに艶めく銀の錦地に、溶け込むように織り表される四季花文。
ヤングミセスの訪問着には、末広がりでおめでたく、扇太鼓を結び華やかさを添えてみました。
お祝いの席で、おだやかに風雅なムードを演出してくれるでしょう。

卒業袴☆卒業式

  コピー ~ RIMG12567 回転  コピー ~ RIMG12569 回転
今日お見えになりました方は、この春大学の卒業式を迎えられるというお客様です。
専門分野での学びを終えられ、達成感溢れる大学生活を送られたことと思います。
お召しのお着物は、瑞々しい印象を残す、さらりと淡く品の良いクリーム色の訪問着です。
袖から身頃、衿から肩にかけて、椿と梅の花枝が優しく染め描かれていて、上品かつ知的な風情を漂わせています。
深緑色の袴と相まって、これから芽生える若葉を呼び起こさせ、今の季節にぴったりです。
ご卒業おめでとうございます。
新しい門出に向け、専門学のエキスパートとして、更なるご発展を願っております 。

ワンポイント着付け教室☆女袴

   コピー ~ RIMG12564   コピー ~ RIMG12559

   コピー ~ RIMG12561   コピー ~ RIMG12563
今日は、お嬢様の卒業式に袴の着付けをなさりたいとおっしゃるお母様がお見えになりました。
お着物は、お嬢様のためにお仕立てしたという柔らかなエクルベージュの風雅な小紋。
女袴の着付け方は、普段の着物と多少違ってきますが、ポイントを押さえれば意外に簡単に着付けられます。
先ずは衿芯を長襦袢の半衿(裏側)に差し込んでから、襦袢を短めに着付けます。
着物も同じように短めに着付け、おはしょりは重ねて下へおろします。
半幅帯で文庫結びを締めた後、袴の前紐(細くて長い方)を後に回して一結びし、文庫の上から斜め下に引っ掛けるようにクロスさせ紐を前に回します。
前に回した紐を左脇で交差させ捻り返して、再び後ろに回して文庫の下で結んで処理します。
最後に、袴の後側を背中に添わせるように帯の上にしっかりと乗せて、紐を前に回して左脇で蝶々結びをし、下に垂れた紐をもう一度、袴と紐の間を下から上に通しそのまま垂らします。
お嬢様の晴れの舞台に、お母様の愛情こもったお着付けで、卒業式がより温かく迎えられることでしょう。

新着付け教室☆二重太鼓

          コピー ~ RIMG12558
今日のお教室は、今までに引き続き、小紋の着物に名古屋帯での一重太鼓と袋帯での二重太鼓の着付けを行いました(前回の様子はこちら)。
生徒の皆様は一重太鼓を完璧にマスターされ、本日ご卒業された方もいらっしゃいます。
そして、二重太鼓を締められるようになりたいとのことで新しい生徒様が、またご見学の方もお見えになって、お稽古が楽しく賑やかに進みました。
一般的な帯の結び方には、一重太鼓(名古屋帯)と二重太鼓(袋帯)が挙げられます。
一重太鼓は、カジュアルからプチフォーマルまで幅広く締められる帯の結び方です。
二重太鼓は、慶びごとが重なるという意味で帯を二重にすることから、結婚式やお祝い、フォーマルな時に締める結び方です。
今は、オシャレ着などにも締めたりする楽しみ方もありますが。
帯が長いので、初めは扱いにくい気がしますが、慣れてしまえば比較的きれいに形作ることができるようになるので、ぜひマスターしてみてください。
来月からは本格的に二重太鼓のお稽古を行っていきたいと思います。

卒業袴☆卒業式

  コピー ~ RIMG12546 回転  コピー ~ RIMG12548 回転
急に春めいて、卒業シーズンも真っ只となりました。
今日は、大学の卒業式を迎えられるお嬢様がお見えになりました。
お着物は、伯母さまから受け継がれた光沢感のある優しいスカイブルーの綸子振袖。
控えめな色使いが上品な印象を与え、お若いお嬢様だからこそお似合いになる愛らしい装いになっています。
伯母様から姪御さんへ、時を越えて思いを同じくする…
代々受け継いで、末長く大切に大切に守ってゆく宝物として、これほどふさわしいお品はございません。
ご卒業おめでとうございます。
楽しい思い出を胸に、新しい時代へさらなる挑戦をしてくださいますように。

訪問着☆卒業式

  コピー ~ RIMG12520 回転  コピー ~ RIMG12521 回転
本日三人目のお客様は、大学のご卒業を迎えられるご子息様の卒業式にご出席なさるお母様です。
お着物は、代々受け継がれる染物店のお祖父がお誂えたとおっしゃる、謂れのある訪問着。
柔らかな淡い地に大輪の花が一筆一筆丁寧に描かれ、その繊細な染め上がりから、一目で良いものと分かる上質感に溢れています。
彩り豊かに描き出す染めの持つ透明感に、思わずうっとりしてしまいますね。
梅の花が織られた古典柄の袋帯を合わせて、クラシカルな装いになりました。
若々しいお母様にふさわしく、帯のお太鼓を高目にすっきりとさせてみました。
ご子息様のご卒業おめでとうございます。
ご家族皆様お喜びのことと思います。
心よりお祝い申し上げます。

卒業袴☆卒業式

  コピー ~ RIMG12516 回転  コピー ~ RIMG12518 回転
今年初の桜開花がスタートし、桜前線の北上が話題にのぼる頃となりました。
今日お二人目のお客様は、大学の卒業式を迎えられるお嬢様です。
若やぎ溢れる紅色の生地にくっきりと冴える桜の花びらが上品なニ尺袖のお着物です。
長い髪に咲いた髪飾りと相まって豪華に演出。
刺繍が施された紫色の袴が、格高い雰囲気を醸し出しています。
編み上げブーツを合わせて、晴れの良き日にふさわしい明るいお姿になっています。
ご卒業おめでとうございます。
春うららかな今日の佳き日、未来に幸せが多く訪れますようお祈りいたします。

小紋☆卒園式

  コピー ~ RIMG12502 回転    コピー ~ コピー ~ RIMG12505 回転

               コピー ~ RIMG12506
今日は、お嬢様が幼稚園の卒園式を迎えられるということで、私の友人のお宅に伺い、お着物着付けとヘアセットをさせていただきました。
ヘアにつきましては全くの素人ですので、お恥ずかしいですが即興でアレンジしてみました。
お着物は、琥珀色の金地に笹、菊、桜、松、梅などの四季草花文様が描かれた煌びやかな小紋です。
柄の配置や色使いなどからは、伝統の趣きがありながらも鮮麗さが効いていて、独特のこだわりが感じられます。
帯は、白地の地色に多彩な色糸を使った刺繍が施されたお太鼓柄の袋帯です。
立体的な刺繍の模様表現に雪輪の縁取りが加わって、落ち着いた地の上にも艶やかな雰囲気を醸し出しています。
お嬢様の卒園式ということで、お太鼓の左に扇を控えめにあしらえてみました。
ご卒園おめでとうございます。
楽しい思い出を胸に、新たな歩みが始まりますよう、私も陰ながら応援しています。

卒業袴☆卒業式

コピー ~ RIMG12499 回転   コピー ~ RIMG12497 回転
春光うららかな今日、専門学校の卒業式を迎えられるというお嬢様がお見えになりました。
卒業式に礼装として用いられる袴は、弥生時代にその原型ができたと見られ、古くから用いられてきた着物の形状です。
華やかな二尺袖のお着物は、黒地の生地に映える艶やかな桜の花々が目を惹きます。
臙脂色が美しい袴には、桜の花の刺繍が施され、可愛らしいアクセントになっていますね。
小振袖着物と編み上げブーツを合わせたスタイルが新鮮で、晴れの日を彩るのにぴったりの装いでしょう。
ご卒業おめでとうございます。
希望に満ちた大空へ、羽ばたくお嬢様に幸多くありますようお祈りします。

アフリカ国際交流まつり

          コピー ~ コピー ~ RIMG12472
アフリカ開発会議という、日本政府が国連や国連開発計画(UNDP)及び世界銀行等と共催したアフリカの開発をテーマとする国際会議があります。
そのパートナー事業の一つとして開かれた、アフリカ国際交流祭りに行ってきました。
多言語[日本語・英語・アフリカーンス(南アフリカの公用語)・スペイン語・ポルトガル語・中国語]による、アフリカ絵本の読み聞かせや、世界の食文化体験もあり、200円で中国・イタリア・ロシア・タイ・フィリピン・ガーナ・ベトナム・ブラジル・ドイツ・日本などの料理の試食ツアーも楽しめます。
世界の衣装を披露するミニステージでは、アフリカの女性が日本の着物に挑戦。
しとやかで落ち着いた日本の着物も、明るくエネルギッシュなアフリカの方が着られると、雰囲気が大きく違って見えるものですね。
異国籍の人たちが集まる中で、何だか普段感じられないようなエネルギーを感じて、大いに刺激になりました。

ワンポイント着付け教室☆小紋

   コピー ~ RIMG12448   コピー ~ RIMG12449
今日は、小紋をお召しになってお茶会にご出席されるご予定の生徒様がお見えになりました。
お母様から受け継がれた桜色の小紋のお着物とポイント柄の織りの名古屋帯で、自装の着付けを行いました。
肌襦袢を着て、補正をしっかりとさせ、長襦袢を羽織りますが、この時点で衣紋の具合を決めてしっかりと整えることが大切です。
着物を着る時のポイントは、おはしょりの部分で、下前のおはしょりを斜め上内側に折り上げ、おはしょりのラインをスッキリとさせることです。
帯の過程では、前でお太鼓を作る際にお太鼓の山がきれいになるように、帯枕を帯の中心に置いてシワを作らないように整えます。
後ろで帯枕を背負った後、帯枕の下にできる余分な遊びの部分を裏面にし、帯枕の下側左右をピンと張るように伸ばし、余った部分は内側に入れ込んでベース型または半円形に整えます。

   コピー ~ RIMG12450   コピー ~ RIMG12451
帯締めを結ぶ時は、左を上にして結び、結び目が左側に来るように整えます。
綸子の帯揚げの場合、3等分に折ってから2つに折り、左を上にして結び目の部分を崩さないように優しく締めます。
最初はそれぞれのポイントを整理していくのが大変ですが、回数を重ねるごとに 「きもの」 が見えてくると思いますので、ご自宅でもぜひ練習していただきたいと思います。

新着付け教室☆二重太鼓

名古屋帯での一重太鼓は、もう締められるようになりましたので、今日は袋を帯を使って二重太鼓に挑戦です(前回の様子はこちら)。
名古屋帯と袋帯の違いですが、その最大の違いは長さです。
お仕立上がりの状態での名古屋帯の長さ・巾は、長さが約9尺2寸~5寸(約3m60cm)、巾は約8寸(約30cm)。
袋帯の長さ・巾は帯により若干の違いはありますが、長さは約1丈1尺~1丈1尺5寸(約4m30cm前後)、巾は約8寸2分(約31cm)です。
名古屋は、主に付け下げ・色無地・小紋・紬に一重太鼓として使われ、袋帯は主にフォーマルとして着用する際の留袖・訪問着・付け下げ・色無地で二重太鼓として使われます。
また、お洒落訪問着・紬訪問着・小紋・紬など柄行や格によっては、二重太鼓で締められるカジュアル向きの洒落袋(お洒落袋帯)もあります。
普通、紬や小紋に合わせる帯は名古屋帯の一重太鼓が一般的ですが、最近では二重太鼓で締められるお洒落袋帯が人気となっています。
帯の結び方としては、一重太鼓も二重太鼓も締めるところまでは一緒ですが、お太鼓の作り方が違ってきますので、こちらも回数を重ねて覚えていきましょう。
ギャラリー 創作帯結び
プロフィール

 圭 Kei

Author: 圭 Kei
       
☆きもの着付け師
  Kimono coordinator
財団法人・民族衣裳文化普及協会推薦京都きものコンサルタント協会きもの教授資格

☆着付指導
☆着付講師養成指導
☆ウォーキング講師
 Walking Stylist

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
さくらが3Dで降るブログパーツ ver2