FC2ブログ

南の島から

     コピー ~ RIMG5099

南の島へ来ています。
ここで2週間ほど滞在する予定。

     コピー ~ RIMG5070

到着した空港からの道のり、今満開のFrame treeが誇らしげに咲きながら歓迎してくれ、至るところにハイビスカスやブーゲンビリアが咲いてます。

     コピー ~ RIMG5074

My はし

          はし


最近、My 箸を持ち歩いてる人、多いですね。
デザインにこだわったおしゃれな箸とかも色々売られているようです。

そういえば割り箸って・・・ 使い捨て箸のことですよね。
ってことは、日本では早~くから使い捨て文化が浸透してたってこと?
そんな筈ない・・・ だって江戸時代はリサイクルの鏡ともいうべき生活をみんなしてたわけですから。
「大江戸リサイクル事情」(講談社文庫)を読むと、日本人って自然に優しい生活の知恵をもともと持っていたんだな~って感心します。

箸を作るのにどれくらいの木が伐採されているんだろう、使用後の箸を焼くのにどれくらいのCo2が排出されているんだろう・・・ なんて考えると暗くなってくる。
環境問題のこともあるけど、私は防腐剤ベットリの割り箸そのものが好きじゃないんです。
人体に影響があるとかで、厚生労働省も目を光らせているようです。
ほとんどが最近問題になってる中国からの輸入品だしっ。

というわけで、私はいつもMy 箸を持ち歩いています。
これは、以前韓国に行ったときに買ったステンレス製の箸。
口に入れたとき、奥の銀歯に当たって、カキーンってするのかなと思ったけど、大丈夫。

ターシャ・テューダー

   コピー ~ RIMG4792

私の尊敬する人物の一人、ターシャ・テューダー。
1915年、アメリカのボストンに生まれたターシャは、子どもの頃毎日のように野山を走り回っていたという自然が大好きな女性。
美しい自然に囲まれながら19世紀の開拓時代スタイルのスローライフを楽しみ、太陽と共に寝起きし、自給自足の生活をしていました。

彼女のデッサン画を集めたスケッチブックシリーズの本。
家族や愛犬コーギを描いた鉛筆書きのデッサンが所狭しと描かれています。
この本、ターシャの家を訪ねたことがある人から人へと通じて、数年前私の手元に舞い込んで来ました。
本を開くと、ターシャの直筆サインが。
彼女の精神に近づいて、いつか彼女のような暮らしがしたいなぁ・・・

          コピー ~ RIMG4793
ギャラリー 創作帯結び
プロフィール

 圭 Kei

Author: 圭 Kei
       
☆きもの着付け師
  Kimono coordinator
財団法人・民族衣裳文化普及協会推薦京都きものコンサルタント協会きもの教授資格

☆着付指導
☆着付講師養成指導
☆ウォーキング講師
 Walking Stylist

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
さくらが3Dで降るブログパーツ ver2