美術館めぐり

   コピー ~ RIMG4315

先日の美術館へのおでかけから、すっかり美術館めぐりが気に入った私。
今度は、ずーっと行きたかった絵画展を観に上野まで足を運んできました。
電車を乗り継ぎ、かなりの遠出でしたが意を決し行ってきました。
上野公園は、桜の花がちょうど見ごろで多くの人たちで賑わっていました。
お花見は後においといて、まずは国立西洋美術館で行われている 「フランク・ブラングィン」 展へ。
画家、壁面装飾家、工芸デザイナー、建築・空間デザイナー、版画家など多彩な顔を持ち活躍していたブラングィンですが、その中でも私が興味を持ったのは建築家としての彼の作品。
1900年初頭、東京に美術館を建設するというブラングィンの計画が夢で終わってしまい、彼の作成した俯瞰図だけが残っており、展示されていました。

さて、桜の花見をしながらお弁当を食べて一休みした後、続いて 東京都美術館の 「ボルゲーゼ美術館展」 へ。
ここでのハイライトは、ラファエロの 《一角獣を抱く貴婦人》。
この作品は、1930年代までは 《アレクサンドリアの聖カタリナ》 として存在していましたが、X線を撮ってみたら上塗りされていることが発見され、その後修復され元の絵 《一角獣を抱く貴婦人》 が出現したという興味深い作品です。

袴☆卒業式

               コピー ~ RIMG4267
大学の卒業式を迎えられるお嬢様です。
お着物は光沢のある白地に淡い色の小花が優しげに咲き広がる小紋。
お着物の花模様と合う色の袴で統一感が生まれています。
ご卒業おめでとうございます。

袴☆卒業式

               コピー ~ RIMG4230
今日は、大学の卒業式にご出席されるお嬢様がお見えになりました。
美しくやわらかに染め上げられた繊細な文様小紋のお着物が、重みのある深緑色の袴と調和し、格調高い着姿になられています。
ご卒業おめでとうございます。
いろいろな思い出を胸に、希望に溢れた新しい世界へ羽ばたかれますように。

コピー ~ RIMG4233 コピー ~ RIMG4232
お母様より温かいメッセージカードをいただき、大変嬉しく思いました。
ありがとうございます。

梅祭り

     コピー ~ RIMG4158

先週の土曜日、春の気配が漂う中、お弁当を持って梅祭りに出かけました。
私が小学生の頃、サイクリングの途中に寄ったことのあるこの公園。
もっと広いような思い出があるけど、とっても懐かしい。。。

          コピー ~ RIMG4143

獅子舞や琴の演奏で舞台が賑わい、少し離れたところでは野点が開かれていました。
梅の木下で、お手前を拝見しながらお抹茶を堪能。
緑色の袱紗を茶棚にちょっと縛り、「うぐいすがとまって来たと見立てて・・・」 と何とも風情のあるひと時でした。

ルノワール

     コピー ~ RIMG3941

先日、六本木国立新美術館の 「ルノワール ~ 伝統と革新」 展に行ってきました。
絵画鑑賞、特に歴史的有名な絵画を観ると右脳が刺激され活性化されるというので、絵は全く分からないけれど楽しんできました。

ミッドタウンから少し歩いたところにある、斬新的な建物が国立新美術館。
「パリ郊外、セーヌ河の洗濯船」「新聞を読む、クロード・モネ」「アンリオ夫人」・・・と一つ一つの作品のタイトルを口ずさみながら。
85作品もあったので、途中から疲れてきてしまい、あとは簡単に観て回っただけ。

不思議なことに、その日の晩、私の見た夢の中には絵画の一場面が出てきて、起きたとき何かが変わった気分に。
きっと右脳が刺激を受けたのでしょうか。
脳の中で美しいルノワール絵画のタッチが蘇っていたのかも。。。
ギャラリー 創作帯結び
プロフィール

 圭 Kei

Author: 圭 Kei
       
☆きもの着付け師
  Kimono coordinator
財団法人・民族衣裳文化普及協会推薦京都きものコンサルタント協会きもの教授資格

☆着付指導
☆着付講師養成指導
☆ウォーキング講師
 Walking Stylist

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
さくらが3Dで降るブログパーツ ver2