FC2ブログ

プライベート教室

お友達同士で着付けレッスンを受けてくださっている生徒さん方のプライベート教室です(前回の様子はこちら)。

           
2回目となりますが、今日のきものを着付ける際のポイントは、「裾つぼまり」です。
両手で左右のえり先を持った際、左右の手でピンと張り詰めたまま直線に広げてからゆっくり床スレスレまで降ろします。
上前を内側に折って裾の位置を決め、次に左右の手を入れ変えながら下前を巻き、この時、手首を使って下前の褄先を床から15cm程上げ、次に上前を被せます。
こうすることによって「裾つぼまり」の着姿になります。
帯を巻く時のポイントは、一巻き目のひと手間について。
最初に帯を巻いていき、後ろでニ巻き目に入った時に、右手で垂れ側の帯の輪を持ち、下側(一巻き目)の帯の輪を左手で引っ張ります(写真左上)。
このような手間を加えることによって、出来上がった時に右脇下の帯の上線がぴったりと重なります。
そして、お太鼓枕を背中に持って行く際は、なるべく高い位置に背負いましょう。
そして、お太鼓ガーゼは前で2回からげて方花結びでしっかりと収めましょう。

       
今日はこれからお二人でお出かけをされるそうで、お持ちになった道行と草履を身につけて素敵な和姿になりますね。

プライベート教室

                              
前回パーソナルレッスンをお受けになった生徒さんが、今日はお友達と一緒にプライベートレッスンに参加してくださいました(前回の様子はこちら)。
お母様に仕立てていただいたという大島紬と名古屋帯でお稽古されました。
腰の補正を行なった後、まず長襦袢を羽織りますが、この時に衣紋をしっかりと抜くようにしましょう。
衣紋は、着物を着つけている間にも前へズレてきてしまいがちになるので、随時背中心を下から引っ張り、元へ戻すように心がけると美しい衿まわりになります。
一通り着物が着付け終わったら、帯に入りますが、輪が外側になるようにして手先を左肩に預けます(写真上)。
ここから、胴に二巻きしてお太鼓を作っていきますが、まずは巻き始めの部分をマスターしていきましょう。

       
一通り着付けされ、とても落ちついた着姿になりました。
次回もお待ちしておりますので、宜しくお願い致します。

プライベート着付け教室

       
今日は、初めて着付けをされるというお二人の生徒さんの着付けレッスンに伺ってまいりました。
小紋のきもの着付けと名古屋帯の一重太鼓の手結びを行いました。
先ずはタオルで腰の補正を行い、長襦袢を着付け、基本的な衿元の合わせ方をして、きものを羽織る前の土台を作ります。
きものを着る時のポイントは、腰から下が裾つぼまりになるように真っ直ぐ重ね合わせる点です。
帯を巻く時は、輪が下になるように、輪を持って巻いていくようにします。
帯によって長さが違うので、左肩にかける手先の長さを調節しながら何回か巻いてみて、ご自分の帯に合った長さの手先をとりましょう。
帯揚げ・帯締めの処理の仕方まで一気に一通り行いましたが、ご自分で着付けたきものの着ごこちを感じていただけたかと思います。
帯も裾も美しい形になり、とてもスッキリとした仕上がりになりました。

プライベート着付け教室

今日は、ゆかたのプライベート着付けレッスンをさせていただきました。
今年はぜひご自分で着付けてお出かけしたいということで、お母様とお嬢様がお越しくださいました。

IMG_1160.jpg   IMG_1162.jpg
まず、ゆかたを仮だたみにして、道具類と共に右側に準備します。
後ろからゆかたを羽織った後、共衿を持ち左右に広げて畳スレスレまで降ろし、最初に上前の裾の位置を決めてから、左右の手を変えながら下前を巻きます。
そして右手首を使って下前の褄先を床から15cm程上げた後、上前をかぶせます。
腰ベルトをしっかりと締めて裾合わせを整えた後、上半身を整えていきます。
両側の身八つ口から手を入れて軽く前後を整え、共衿と背中心を持って中心を確認してから襟元を整えます。
きものベルトで下前の共衿をウエスト辺りで留めた後、後ろから回して上前の共衿を留めます。
この時、上前と下前のおはしょりが二重にならないように、下前のおはしょりを斜め上内側に折り上げると、おはしょりのラインがスッキリと美しくなります。
半幅帯を結ぶ時は、前で文庫蝶々を作るので、手先をを半分に折って輪を外にして右肩にのせてから体に巻いていきます。
最初は文庫の羽根を巻きだたみにして基本的な結び方を習いました。
次は屏風だたみで、羽根を何枚かに重ねたり、表・裏で色の変化が楽しめたりします。

IMG_1282.jpg   IMG_1280.jpg
今日はみなとみらい花火大会ということで、お稽古からそのままゆかたを着てお出かけになりました。
横浜の海に広がる花火をたくさん楽しんで行ってらしてください。

プライベート着付け教室☆小紋・一重太鼓

   DSC_0027 - コピー     DSC_0028 - コピー
三か月ぶりのお稽古となりましたワンポイント教室です(前回の様子はこちら)。
今日のポイントは、帯のお太鼓作りの際の修正の仕方です。
今まで自分で直す練習をしてきましたが、今回は他者の帯を見ながら直すというやり方をしてみました。
お太鼓を作り背中に当てた後、帯まくらの両側下を左右にピンと張るようにすると、お太鼓の上がまっすぐきれいに仕上がります。
自分で鏡を見ながら感覚で直すということを違う方向から習うと、より理解も深まると思います。
今後、自装の着付けをしながら他装の所作も取り入れていくようにします。
次回のお稽古は、10月11日になりますのでよろしくお願いいたします。
ギャラリー 創作帯結び
プロフィール

 圭 Kei

Author: 圭 Kei
       
☆きもの着付け師
  Kimono coordinator
財団法人・民族衣裳文化普及協会推薦京都きものコンサルタント協会きもの教授資格

☆着付指導
☆着付講師養成指導
☆ウォーキング講師
 Walking Stylist

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
さくらが3Dで降るブログパーツ ver2