色留袖☆結婚式

RIMG16964 回転   RIMG16965 回転
さわやかな初夏の大安の日、甥御さんの結婚式にご参列されるというお客様のお宅へ伺ってまいりました。
お着物は、上等なちりめん地に落ち着きのある絹鼠色が染め上げられた色留袖。
色留袖は慶事の第一礼装で、結婚式を中心とした正式な場で着用され、黒留袖に準ずる格式のある式服です。
淡い絹地に広がる幻想的な絵羽模様が古典の美しい染意匠の世界を表現しています。
帯は、繊細で格調ある鶴の意匠美を表した綴れ織りの八寸名古屋帯です。
一重太鼓でフォーマルにお召しいただけるのは綴の八寸だけ。
晴れやかなお席やお慶びのお席で、際立つ着姿を演出してくれることでしょう。

黒留袖☆結婚式

  RIMG13854 回転   RIMG13855 回転
秋晴れの大安の日、甥御さまのご結婚式に出席されるというお客様がお見えになりました。
お嫁入りの時に仕立てていただいたという黒の留袖と袋帯をお召しになりました。
黒留袖は、既婚女性の第一礼装で、結婚式などの祝儀に用いられます。
極上の漆黒地に染め上げられた着物の裾一面には、刺繍を多用した優美な扇の意匠が描かれています。
帯は、こちらも扇の文様があしらわれた錦織の袋帯。
扇面の文様は、要から広がることから末広がりとも呼ばれ、慶事にふさわしい文様の一つとして使われています。
帯揚や帯締、半襟、長襦袢は白で統一します。
末広(扇子)も重要なアイテムの一つで、黒留袖には、黒骨、金銀扇面の扇子を選びます。
お目出度い日の装いとして、格調高い気品を漂わせてくれることでしょう。

留袖

               コピー ~ RIMG9954
祝い事の席での留袖きもの。
亀甲模様の袋帯で二重太鼓結び。
ギャラリー 創作帯結び
プロフィール

 圭 Kei

Author: 圭 Kei
       
☆きもの着付け師
  Kimono coordinator
財団法人・民族衣裳文化普及協会推薦京都きものコンサルタント協会きもの教授資格

☆着付指導
☆着付講師養成指導
☆ウォーキング講師
 Walking Stylist

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
さくらが3Dで降るブログパーツ ver2