FC2ブログ

パーソナル着付教室

個人で着付教室に通ってくださっている生徒さんのお稽古で、今回10回目になります。
今日は小紋の着物着付と名古屋による一重太鼓の結び方を行ない、特に帯は新しい結び方に挑戦しました。
今までの結び方でも構いませんが、色々な方法があるので、そのうちのいくつかをご紹介させて頂き、ご自分に合った結び方を選んでいかれるとよいかと思います。

     
左肩に手先を預ける時に、帯の輪を自分側に向けて預け、一巻目を巻く時に、後ろで帯を半返して巻いていき、二巻目に入ったところで最初に返した折り口のところを左手でしっかり摘んで引き締めます。
こうすることによって、帯を引き締める時に左手で摘みやすくなり、また最後の処理の時に、簡単に輪を下にしてお太鼓の中に処理することができます。

                         
お太鼓を作る際の注意点として、後ろで仮紐を左右の手に渡して帯の下線に合わせてから、垂れを迎えにいくようにします。

     
今日の大きなポイントは、おはしょり の柄の出し方です。
最初に着付けた際、おはしょりの白い横線柄がちょうど下部の折れ線の部分にかかってしまっています(写真左上)。
2回目はウエストベルトをいつもより少し上の位置で締めてみると、気になっていた白い横線の柄が隠れました(写真右上)。
このように、ウエストベルトの位置によっておはしょりの柄が違ってきます。
しかし、あまり上にし過ぎると着物の裾が広がってしまう恐れがあるので、注意が必要です。

     
全体的にシックな色目に黄色の帯揚げと帯締めがアクセントになり、粋な和姿に仕上がりました。
今日は、ご自分で着付けた着物姿でミュージカル鑑賞へお出かけされました。

パーソナル教室☆小紋

以前グループレッスンにご参加してくださっていた生徒さんが、久しぶりにパーソナルレッスンを受けてくださいました。
普段からご自分で着付けてお出掛けされているということで、お着物姿でお見えになりました。
基本的な着付はマスターされているので、今日は細かい部分の確認等を行ないました。

     
帯は手結びの場合、いくつかやり方がありますが、手先の輪を自分側に向けて左肩に預ける方法で行ないました。
一巻目を巻く時に、後ろで帯を半返して巻いていき、二巻目に入ったところで最初に返した折り口のところを左手でしっかり摘んで引き締めます。

     
お太鼓を作って背中に預けた後は、枕の下にできた遊びの部分を整理します。
枕の真下の帯の耳を両手で引き合って布目を通し、下の余った部分は裏に引っくり返してから内側へ押し込むようにして整えます。
このようにすることによって、お太鼓の山が真っ直ぐになり、脇から余分なものが見えなくなります。

                       
お太鼓作りは、仮紐を使って両手人差し指で垂れの長さを調節してから、前で仮結びをしておきます。

     
衿合わせがスッキリ整い、帯の位置も丁度良い高さになっています。
補正がしっかりされているので、着物の着付仕上がりも落ち着いています。
次回はグループ教室でお待ちしております。

パーソナル教室

個人で着付教室に通ってくださっている生徒さんのお稽古です。
今日は小紋の着物着付と袋帯による二重太鼓の結び方を行ないました。

       
帯を巻く時に最初に注意することは、手先に向かっている帯の上線が右脇から出ないようにすることです。
一巻き目で右手で持った垂れの輪と手先の輪をしっかり引き合い、帯の上線をまっすぐするようにします。
また、二巻目は帯の幅出しといって、2cmほどズラして巻いていくようにします。
こうすることによって、一巻目の上線が出ずにスッキリし、帯揚げをした時にもきれいに収まります。

          
二重太鼓の場合、たいていお太鼓柄と垂れ先の柄が合うように仕立ててあるので、できればお太鼓を作る際に合わせると良いかと思います。
帯を巻く前に、上の写真のように垂れ先と二重になったお太鼓の部分を重ねるとちょうど同じ柄が合うようになっています。

     
クリスマスカラーの帯揚げを背景に、ご自分で着付けた和姿を撮らせていただきました。

パーソナル着付教室

6月から個人で着付教室に通ってくださっている生徒さんの8回目のお稽古になります。
今日は小紋の着物着付と名古屋帯の結び方を行ないました。

              
今日の着物着付けのポイントは、襟先の処理の仕方です。
腰ベルトを付け、上前と下前を重ねた後、襟を内側に3分の2ほど折った所を着物ベルトで挟みますが、ベルト下から出る襟先は広げて、着物の裾と並行になるように整えます。

           
今日は新しい帯の巻き方を習いました。
手先を左肩に預ける時に帯の輪を自分側に向け、写真左上のように後ろで折り返します。
そうすることによって、2巻目に入る際にしっかりと左手で固定しながらきつく巻けるようになります。

           
また、帯揚げの新しい処理の仕方も習いました。
綸子のような薄い生地の場合、1回目を結ぶ時に二巻すると、シワが寄らずにきれいな仕上がりになります。

       
今日は、モダン柄のお着物に黒地の帯を合わせて着付けられ、トータルコーディネートもぴったりですね。

パーソナル着付教室

6月から個人で着付教室に通ってくださっている生徒さんの7回目のお稽古になります。
今日は小紋の着物着付と名古屋帯の結び方を行ないました。
               
帯を結ぶ際、一巻目を巻いた後に右手に帯の輪を持ち、後ろで下側の帯の輪を左手で引っ張ると右脇下の帯の上線がスッキリします。   
垂れを使って前でお太鼓を作る際は、帯の表を右外側から体側へ移動させるようにしてから広げるようにします。

        
お太鼓を作った後のポイントは、片方の手を使って手刀を切るようにして、お太鼓と帯の間を邪魔にならないようにします。
お太鼓枕を背中に乗せた後、借り紐を両手に持って人差し指でタレの長さを調節してから前で仮結びします。


        
帯の位置が前低め後ろ高めになっていて、着物を着こなしている着姿になっていますね。

パーソナル着付教室

6月から個人着付けレッスンをお受けになっている生徒さんで、今日は6回目になります(前回の様子はこちら)。
すでに以前着付けを習われていらっしゃったので、おさらいという形で小紋の着物と袋帯の二重太鼓のお稽古を進めています。
着物は補正と長襦袢がしっかりと着られていれば、着物も自然と美しく着付けられます。
長襦袢の衣紋は最初に抜いても、着付けているうちに徐々に前に下がってきてしまうものなので、着物を着つける前にしっかり抜くようにしておきます。

    
帯結びの際、柄止まりが背中心に来るように巻くことがポイントです。
お太鼓を作った後は帯まくらの下にできる遊びの部分の処理を行ないますが、まず両手でしっかりと帯の左右の耳を引き合うことが重要です。
こうすることによって、帯山にシワがよらずピンと張った形になります。
次に余った部分を裏返しにして、耳も含めて内側にしまい込みます。
これらの作業はお太鼓の山をかぶせた状態で、見えないところで自分の勘で行なうことになります。

        
帯〆が半分より下になっており、着こなしている感が漂ってきますね。

パーソナル着付教室

先月より個人着付けレッスンを受けて下さっている生徒さんの4回目のお稽古です(前回の様子はこちら)。
以前に数年間着付けを習われていたということで、おさらいという形で小紋の着物と袋帯の二重太鼓のお稽古を進めています。

                    
今日は、着物を着付ける際の細かな部分について説明させていただきました。
着物は着る方の体型によって調整することができ、その一つが衿幅です。
衿幅は基本的に3分の一を内側に折るのですが、胸幅が広い方は衿幅を広くし、胸幅が狭い方は衿幅を細くして調整します。
こうすることによって、着た時に胸の部分がツレたりシワが寄ったりすることがなくなります。

                    
次に、後ろのおはしょりのワンランクアップの処理の仕方です。
前のおはしょりを整理し、左脇でタックを取った後、そのまま後ろの部分も同じ高さで折り込んで伊達締めの中に入れ込みます。
右脇まで来たら、余分なものを上前のおはしょりの中に隠しますが、ダブった部分は最終的に帯を結んだ後に整えます。

        
帯結びのポイントは、右前で作ったお太鼓を後ろへ持っていく際に、すぐに背中に当てずに、両手に帯揚げ・ガーゼと枕を持ち直してまっすぐ伸ばし、腰の辺りで左右対象に調整してから背負うようにすることです。
この一手間を加えたので、帯山が横にまっすぐ伸びて左右対称になっていますね。
お稽古の回を重ねるごとに着物の着付け時間が短くなり、帯もしっかりと二重に巻かれていてハリのある前姿になりました。
八月のお教室はお休みですので、次回は九月にお待ちしております。

パーソナル着付け教室

先月より個人着付けレッスンを受けて下さっている生徒さんの3回目のお稽古です(前回の様子はこちら)。
以前に数年間着付けを習われていたということで、おさらいという形で小紋の着物と袋帯の二重太鼓のお稽古を進めています。

                  
今回はワンランクアップの着付け方を行ないました。
長襦袢を着た後に胸紐をする時、紐を持ちながら脇の下にできた前身頃と後ろ身頃の余った部分をタック取りします。
こうすることによって、胸紐と背中のシワ取りが一緒にできます。

  
おはしょりの処理の時は、おはしょりの長さを調節して余分な部分を伊達締めの下に入れ込みますが、この際、左脇にできた余分な部分を脇線のところでタック取りしてからしまい込みます。
着物を着た時に上前幅の衽線がおはしょりの上と下でピタっと合うのが理想です。

       
おはしょりが真っ直ぐになっていて、帯もしっかりと巻かれています。
後ろ姿では、きものの衣紋が綺麗に抜けていて、裾つぼまりになっていますね。

パーソナル着付教室☆小紋と袋帯・二重太鼓

前回初めて個人着付けレッスンを受けて下さった生徒さんの2回目のお稽古です(前回の様子はこちら)。
以前に数年間着付けを習われていたということで、おさらいという形で小紋の着物と袋帯の二重太鼓のお稽古を進めていきました。

                    
今日のポイントは、おはしょりの処理の仕方です。
伊達締めを巻いて、背中のシワを取り除いた後、伊達締めを下から半分程上に折り返し、おはしょりの長さを調節して余分な部分を伊達締めの下に入れ込みます。
この際、左脇にできた余分な部分も一緒に処理する為、脇線のところでタックを2~3cm取ってからしまい込みます(写真左上)。
右脇のえり先は伊達締めの下から広げておき、帯を締めた後に整えます。

       
帯に緩みがなく、美しい仕上がりになっています。
衣紋がしっかり抜けていて、お太鼓の大きさと垂れの長さも適切です。
次回もまたおさらいを行なっていきましょう。

パーソナル着付教室☆ゆかた

ゆかたを自分で着れるようになりたいということで、お母様から譲り受けたゆかたをお持ちになってお見えになりました。
まずは腰に補正のタオルを付けて浴衣を着付けていきます。
ゆかたを羽織った後、共衿を持ち左右に広げて足のくるぶしまで降ろし、最初に左手で上前の裾の位置を決めてから、左右の手を変えながら下前を巻きます。
そして右手首を使って下前の褄先を床から15cm程上げた後、左手で上前をかぶせます。
腰紐をしっかりと締めた後、上半身を整えていきます。
両側の身八つ口から手を入れて軽く前後を整え、共衿と背中心を持って中心を確認してから後ろの衿を抜きます。
上前と下前のおはしょりが二重にならないように、下前のおはしょりを斜め上内側に折り上げてから腰紐でしっかりと胸の下辺りを締めます。

                    
帯は簡単に締められる結び方を習いました。
胴に二重に巻いた時に手先と垂れ先が同じ長さになるようにして、手先を右肩に掛けて巻いていきます。
二巻したら前で蝶々結びをし、羽根の長さを調節します。

                    
両方の先をクルクルと下から結び目を巻いていき、好きな長さになったら上から垂らすようにします。

       
帯を180度回せば、ステキな帯結びの出来上がりです。
今年の夏はぜひご自分でゆかたを着付けて、お出かけしてみてください。

パーソナル着付教室☆紗の着物と夏帯

いつもパーソナルレッスンを受けて下さっている生徒さんです(前回の様子はこちら)。
今日は夏の紗の着物と夏帯をお持ちになってお稽古しました。

          
今日のポイントは、着物の着付けの際のおはしょりの整え方です。
伊達締めを巻いて、背中のシワを取り除いた後、伊達締めを下から半分程上に折り返し、おはしょりの長さを調節して余分な部分を伊達締めの下に入れ込みます。
この際、左脇にできた余分な部分も一緒に処理する為、脇線のところでタックを2~3cm取ってからしまい込みます(写真左上)。
次は帯結びのポイントですが、お太鼓を作った後、背中に回して手を持ち替えますが、この時手の平で帯揚げを持ちながら親指は帯の内側(背中側)を押さえ、人差し指で枕を下から支えるように持ちます(写真右上)。
お太鼓の表側を押さえると、お太鼓が正しい位置に垂れているかどうか判断しにくくなるので、その部分は自然に垂らしておきましょう。

          
一重太鼓の次に角出しの結び方も行ないました。
角出しの場合は、お太鼓クリップを使わずに、手先と垂れ先を交差させた場所を紐で押さえます(写真左上)。
その後、垂れ先を下ろし、その上に羽根となる手先を重ねるのですが、こちらの帯の場合手先が長いので、2回に折り畳んで整えます(写真右上)。
こうすることによって、羽根がより一層しっかりしたものになり帯姿にも張りが加わります。

                   
前に表れる帯のポイント柄は、普通は中心を外して巻くようにするのが帯結びの嗜みですが、今日新調された帯は左右対称の幾何学模様になっているので、この場合は中心に持ってくる方が美しい帯姿になります(写真左上)。
紗の着物で涼しげな位上がりになっています。

        
一重太鼓は帯山を上の方にし、角出しは低目にする方が粋な雰囲気を表せます。
同じ帯で、全く雰囲気の違う表情になっていますね。
お出かけのシーンに応じて、結び変えるとよいかと思います。

パーソナル着付教室

本日初めて個人着付けレッスンをお受けになる生徒さんです。
以前に数年間着付けを習われていたということで、おさらいという形で小紋の着物と袋帯の二重太鼓のお稽古を進めていきました。
まずは、着物は袖畳みにして整え、帯を折り畳み、各道具も取りやすいように並べて着付け道具一式を揃えることから始めます。
長襦袢を着る時に衣紋をしっかり抜き、伊達締めを巻いてから背中のシワを取ります。
  
       
着物を着る際は、ピンと張り詰めたまま左右の手に振り分けて、一直線に広げます。
ゆっくり床スレスレまで降ろしてから、上前を内側に折って裾の位置を決め、次に左右の手を入れ変えながら下前を巻きます。
この時、手首を使って下前の褄先を床から15cm程上げ、次に上前を被せます。
腰紐をしっかりと締めた後、両側の身八つ口から手を入れて軽く前後を整え、共衿と背中心を持って中心を確認してから襟元を整えます。
この時のポイントとして、上前と下前のおはしょりが二重にならないように、下前のおはしょりを斜め上内側に折り上げると、おはしょりのラインがスッキリと美しくなります。

       
きものベルトで整えた後、伊達締めを巻き、シワを取るように整えます。
おはしょりの長さを調節するため、伊達締めの下を折り上げ、おはしょりの部分の上布だけ摘んで真っ直ぐになるように整えてから伊達締めを被せます。

  
帯を結ぶ時は、胴に巻く帯の輪が下になるようにして、手先を左肩に掛け、右手に持った帯を巻いていき、後ろでニ巻き目に入った時に、下側の帯の輪を左手で引っ張ると右脇下の帯の上線がスッキリします。
左右の手を水平に引き合いながら帯を締めた後、手先を遊びができないように前へ持っていき、一旦仮押さえした後、後ろでお太鼓クリップで止めます。
次にお太鼓作りですが、たれ先から「垂れ分+帯幅分」を測った位置に帯枕の下線を当てお太鼓を右前で作ります。
  
  
残りの部分を二枚重ねにして枕の上に被せ、上に重ねた方が垂れ先より長くなるようにします。
作ったお太鼓を後ろへ持っていき、帯枕ガーゼを前で結んだ後、帯枕の下側左右をピンと張るように伸ばします。

  
下の遊び部分を裏面に返し、余った所は内側に入れ込んでベース型または半円形に整えます。
お太鼓を作る時は、帯の下線に合わせて仮紐を当て、余った部分を中へ折り上げ、前で借り結びします。
お太鼓が出来上がったら、前に預けてあった手先をお太鼓の中に入れて処理し、帯締めと帯揚げの処理をします。

     
以前は帯を結ぶやり方で習われていたとのことで、今回は初めて結ばないやり方で進めていきました。
とてもスッキリとして美しい着姿になりました。

パーソナル教室☆上級 

いつもパーソナルレッスンをお受けになっている生徒さんです(前回の様子はこちら)。
今日もご自宅から単衣のきものを着付けてお見えになりました。
教室では、単衣の小紋と名古屋帯による銀座結びのお稽古を行いました。

                    
銀座結びは2回目になります。
帯を胴に巻くところまでは一重太鼓と同じですが、お太鼓の作り方が少し違うので、新たに仕組みを習得していくことになります。
帯を胴に二巻きして手先を前に預け、その後垂れを背中に返しながら持っていき、仮紐で押さえて前で結びます(写真左上)。
帯の上線から垂れを広げて下に降ろし、前に預けてあった手先を後ろへ回して背幅の長さに折って、垂れの上に重ねます(写真右上)。

                    
芯を入れたガーゼと帯揚げを使って、帯の下線から帯幅の長さ分のところで帯山を作ります(写真左上)。
仮紐を使って8~10cmの垂れを作り前で仮結びし、最後に帯締めをお太鼓の内側に通し、お太鼓の下から帯締めを巻きつけるように折り上げ、羽根の下側を両手で持って背中から離します(写真右上)。
また銀座結びの注意点は、帯締めを丸くげよりズレにくい平の方を使いましょう。

     
補正の部分から細かい点を再考察していき、更に磨きがかかった自装の着物姿になりました。
次回は夏の長襦袢と紗の着物でお稽古していきましょう。

パーソナル着付け教室☆上級

いつもパーソナルレッスンをお受けになっている生徒さんです(前回の様子はこちら)。
今日はご自宅から単衣のきものを着付けてお見えになり、爽やかな夏初月の季節がお召し姿からも伺えました。

        
新しく仕立てられたお着物なので、折り線がまだできておらず、衿の幅を決めるのにも慎重になります。
衿は、共衿と地衿の境目の部分1/3を内側に折るのが基本で、それより身幅を広くしたい場合は1/3より少なめに折り、身幅を狭くしたい場合は1/3より多めに折ります(写真左上)。
折った衿を着物ベルトで固定する際は、クリップの位置は床と平行にします(写真右上)。

  
帯結びのポイントは、帯を胴に二巻きした後の処理の仕方です。
左右の手を水平に引き合って帯を締めた後、手先を遊びができないように前へ持っていき(写真左上)、一旦仮押さえした後(写真中央上)、後ろでお太鼓クリップで止めます(写真右上)。
帯が二重になっていることを確認し、右手で垂れ側の帯の輪を持ってピンと張り、その時に左手で止めるようにするとやりやすいです。

        
とても涼しげで引き締まり感のある着付け姿になっていますね。
次回は名古屋帯の銀座結びをお稽古していきましょう。

パーソナル教室

先日、パーソナルレッスンをお受けになった生徒様が近々お嬢様の卒業式を迎えるにあたって袴の着付けを習いいたいということでお見えになりました。

        
袴一式は現代風にアレンジされていて、帯を結ぶことなく簡単に着付けられるようになっています。
注意したい箇所は、着物を着つける際にまずえり先の角と角を合わせて体の中心に持ってくることです。
同時に背中心も真ん中に来るように両手を使って調整し、決まったら襟の後ろをクリップで止めます。
次に襟合わせですが、両方一度に合わせるのではなく下前から半襟の出具合を見ながら合わせ、次に上前を合わせていくと美しい仕上がりになります。

       
卒業式を目前に、お母様の着付けで可愛らしい仕上がりになりました。
ブーツと袴の丈もピッタリと合っていますね。
ご卒業おめでとうございます。
次への新しい道へと向かって、元気に羽ばたかれますように。

パーソナル教室

今日は、以前袴の着付けでご来店されたことがあるお客様が浴衣をご自分で着付けたいということで、プライベートレッスンにお越し下さいました。
着物を着付ける上で最も重要なことは、補正です。
着物は直線のまま仕立てられているので、帯や着物にシワができないように着ることが美しい着姿へつながります。
体のくぼみであるウエストやヒップの上にタオルなどを補って、寸胴で着物向きの体を作ってから着付けていきます。

  
まずは浴衣の着付けからですが、ゆかたを羽織った後、共衿を持ち左右に広げて足のくるぶしまで降ろし、最初に左手で上前の裾の位置を決めてから、左右の手を変えながら下前を巻きます。
そして右手首を使って下前の褄先を床から15cm程上げた後、左手で上前をかぶせます。
腰紐をしっかりと締めた後、上半身を整えていきます。
両側の身八つ口から手を入れて軽く前後を整え、共衿と背中心を持って中心を確認してから後ろの衿を抜きます。
きものベルトで下前の共衿をウエスト辺りで留めた後、後ろから回して上前の共衿を留めます。
この時、上前と下前のおはしょりが二重にならないように、下前のおはしょりを斜め上内側に折り上げると、おはしょりのラインがスッキリと美しくなります。
浴衣が着終えたら帯に入ります。
半幅帯を結ぶ時は、前で文庫蝶々を作るので、手先を半分に折って輪を外にして右肩にのせてから体に巻いていきます。
基本的な文庫の結び方をし、羽根を巻きだたみと屏風だたみ両方の結び方を習いました。
最後は更にアレンジした結び方ですが、こちらは前で蝶々結びを行ない、余った垂れをクルクルと好きな長さになるまで調節しながら結び目に巻いていくだけ。
羽根の大きさを変えたり、表・裏で色の変化を楽しんでみて下さい。

       
ご自分で着付けられた浴衣姿が、とても素敵ですね。
今年の夏は、ぜひ浴衣を着てお出かけしてみてください。

パーソナル教室☆上級

いつもパーソナルレッスンをお受けになっている生徒さんです(前回の様子はこちら)。
ご自宅からきものを着付けてお見えになり、回を重ねるごとに美しさが増す着姿に感嘆いたします。

     
今日のポイントはいくつかあり、まず「裾つぼまり」にするための一手間です。
きものの裾を合わせる際、畳スレスレにしてから下前を左腰に持っていきますが、この時一気に15cm位上げます(写真左上)。
右の裾線との差があればあるほどキッチリした裾窄まりの着姿になります。
次は、きものを着付けた後の伊達締めの締め方です。
今までは、難儀にならないように後ろから回して前で止めていましたが、前から回して後ろで止めるようにしましょう。
そうすることによって、前身頃の襟合わせ~胸にシワが寄らずにスッキリします(写真右上)。

  
帯を締める時のポイントは、手先の処理の仕方です。
前に預けていた手先を最終段階で後ろのお太鼓の中にしまっていくわけですが、その際手先を後ろ側へ折って持っていくのではなく(写真左上)、内側へ折って輪を下にすると(写真右上)、引き締まった処理の仕上がりになります。
更に美しいお太鼓姿を追求したい場合は、垂れ先の左右の角を少し引き上げます。
こうすることによって、’口角が上がる’感じに見え、垂れ先がバタバタせず体にピッタリと馴染んだ帯姿を実現できます。

       
最後に帯の上線に手を入れて緩めてあげると、横から見ると舟底型になり、着慣れた感を表現できます。
お太鼓の山も真っ直ぐになっていて、とても美しい着姿になっています。

パーソナル着付教室

パーソナルレッスンをお受けになっている生徒さんです(前回の様子はこちら)。
小紋のきものと六通柄の名古屋帯で着付けのお稽古を行ないました。

          
今日のレッスンのポイントは帯結びです。
帯を胴に二巻した後、手先は遊びができないように前へ持っていき、前で仮押さえしたら、次は左後ろをお太鼓クリップで止めます(写真左上)。
右手で垂れ側の帯の輪を持ってピンと張り、その時に左手で止めるようにするとやりやすいです。
帯の仕上がり時、お太鼓が一番美しく見える形があります。
お太鼓の下線・帯の下線・手先の下線・垂れ先の端、この四つの線をきちんとクロスさせることが大切です(写真右上)。

     
帯のお太鼓姿がとても美しくなって仕上がりました。

パーソナル教室

       
今日初めて着物着付けのレッスンをされる生徒さんです。
お祖母様から譲り受けたという着物一式を使って、お稽古を行ないました。
た。
着物を着付ける上で最も重要なことは、補正です。
着物は直線のまま仕立てられているので、帯や着物にシワができないように着ることが美しい着姿へつながります。
体のくぼみであるウエストやヒップの上にタオルなどを補って、寸胴で着物向きの体を作ります。
基本の補正だけでもいいのですが、もっと着姿を美しく見せたい場合(礼装や正装)は、さらにバストを鳩胸にするために補正をプラスします。
補正~長襦袢~着物~帯結びまでの一通りの着付けを繋げていき、所々にポイントや難所がありましたが、とりあえず着てみるということが大切です。
きものと帯のしくみが分かってくるので、最初は何となく感覚が掴めたという具合でよろしいかと思います。
今日は初めてでしたが、きものと帯結びを2回行なうことができ、ぜひお祖母様にも見せて差し上げてください。
次回は、さらに細かいポイントに注意しながら、より美しい着付けへと進んでいきましょう。

パーソナル着付教室

       
いつもパーソナルレッスンをお受けになっている生徒さんです(前回の様子はこちら)。
きもの着付けはとても美しくできていらっしゃるのですが、さらに完璧な着付けを極めたいということで参加してくださっています。
今日のきものを着付ける時のポイントは、両手で衿先を持って裾を床から一気に上げる際、胴の辺りにできる余分が内側に入らないようにすることです。
そのためには両手に持った着物地を常にピンと張っておくことが大切です。
おはしょりの始末の際には、左脇にできた脇線の余りをつまんでタックをとってから伊達締めの中に入れ込みましょう。
帯のポイントは、お太鼓山をきれいにするために、お太鼓枕の下にできる遊びの部分の始末をしっかりすることです。
その一つは、お太鼓枕のすぐ下にある帯の耳を両側から引き合い、シワをなくすようにします。
こうすることにって、お太鼓の山が真一文字に真っ直ぐなります。
より美しい仕上げを目指していらっしゃるので、回を重ねるごとに完璧に近づいていらっしゃいます。
次回もお待ちしております。
ギャラリー 創作帯結び
プロフィール

 圭 Kei

Author: 圭 Kei
       
☆きもの着付け師
  Kimono coordinator
財団法人・民族衣裳文化普及協会推薦京都きものコンサルタント協会きもの教授資格

☆着付指導
☆着付講師養成指導
☆ウォーキング講師
 Walking Stylist

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
さくらが3Dで降るブログパーツ ver2