FC2ブログ

着付け教室☆小紋と名古屋帯・作り帯

今日の着付け教室には新しい生徒さんが加わりました(前回の様子はこちら)。
前回の続きである小紋のきものと名古屋帯による一重太鼓と、作り帯のつけ方を
行いました。

                                
まずはタオルを使って補正をするところから始め、長襦袢、きものへと着付けていきます。
今日はきものを重点的に行いたいということで、きもの着付けを2回行ってから帯へ入りました。
名古屋帯のお太鼓柄と作り帯のつけ方の違いを学びました。
お太鼓柄の場合は胴前によい柄が出るように巻き、作り帯の場合は帯の手先が後ろに来るようにつけます。
手結びでのお太鼓は後ろでお太鼓を作り、作り帯はお太鼓の金具を背中の胴帯の真後ろに差し込みます(写真上)。

  
                              
きもの着付けや帯結びは、何回も練習して手に流れを覚えさせるようにしましょう。
衣紋の抜き方も綺麗ですし、帯の垂れも丁度いい長さになっています。

着付け教室☆小紋と名古屋帯・一重太鼓

        
今日の着付け教室は、前回の続きで小紋のきものと名古屋帯による一重太鼓のお稽古をしました(前回の様子はこちら)。
今日のきもののポイントは、腰紐を使って腰骨の上辺りを締める時に上半身のきもの生地が紐に食い込まないようにすることです。
腰紐を締めた後、脇の身八ツ口から両手を入れ、前後のおはしょりをキレイに出す時にも再度確認しましょう。
帯の結び方のポイントは、仕上がった時のお太鼓の形です。
お太鼓の下線・帯の下線・手先の下線・垂れ先の端、この四つの線をきちんとクロスさせる事です。
一本でもズレると、整わず引き締まった形に見えないので、着付けの最終段階で注意しましょう。
とてもスッキリとした着姿になりました。

着付け教室☆小紋・名古屋帯と袋帯

                               
今日の着付け教室は、新しい生徒さんが加わり、小紋の着物と名古屋帯による一重太鼓および袋帯による二重太鼓のお稽古を行いました(前回の様子はこちら)。
今日のポイントは、帯を結ぶ時の巻き方です。
まず胴に巻く帯の輪が下になるようにして、手先を左肩に掛け、右手に持った帯を胴に巻いていき、後ろでニ巻き目に入った時に、背中側の帯の輪を下から左手で引っ張ると右脇下の帯の上線がスッキリします。
次に左右の手でそれぞれに伸びた帯の輪を水平に引き合い、帯を締めてから、左側の手先だけ後ろに振り払います。
手先に遊びができないように斜め下前へ持っていき、帯の下線で折り紙を折るように手前に折り上げ、前で仮押さえします。
その後、左後ろでお太鼓クリップで止めるとより強固になります。
お太鼓クリップまたは帯クリップを用いますが、なければオフィス用のバインダークリップでも構いません。
帯結びの際のこの作業は、美しい帯姿を作るためにはとて重要なポイントなので、数を重ねて身につけていって頂ければと思います。
          
皆さん、ご自分で着付けられた着姿で、とても綺麗に仕上がりました。

きもの着付け教室☆小紋と名古屋帯・一重太鼓

       
秋もだいぶ深くなり、今日は久しぶりのきもの着付け教室です。
小紋の着物と名古屋帯での一重太鼓の結び方を行ないました。
まず道具一式を揃え、肌襦袢を着た後にタオルを用いて補正をしていきます。
最初に長襦袢を羽織り、紐(又はコーリンベルト)と伊達締めで整えます。
次に着物を羽織り、共衿を持ち左右に広げて畳スレスレまで降ろします。
先に上前の裾の位置を決めますが、この時の目安は右親指と人差し指の間と衽線が繋がるようにします。
腰紐(又はウエストベルト)をしっかりと締めた後に上半身を整えていきます。
紐と伊達締めで整えた後、帯を結んでいきます。
帯を結ぶ時は、胴に巻く帯の輪が下になるようにして、手先を左肩に掛けます。
右手に持った帯を巻いていき、ニ巻きしてからお太鼓を右前で作り、後ろへ持っていき背負います。
帯枕ガーゼを前で結んだ後、帯揚げを借り結びします。
仮紐を帯の下線に合わせてお太鼓を作り、垂れが人差し指の長さになるように調節します。
最後に帯締めで固定し、帯揚げを整えて出来上がりです。
一通り着物と帯の着付けをしてみましたが、このような流れで着付けるという事だけでも感じて頂けたと思います。

着付け教室☆呂小紋と呂名古屋帯

5月に入ってからの着付け教室です(前回の様子はこちら)。
季節も暑さを増してきていますので、夏の呂の小紋と夏帯でお稽古を行ないました。

                           
今日は前回同様の改良枕を使っての帯結びと、手結びの二通りのやり方で名古屋帯を結びました。
手結びのポイントは、二巻目を締めた際に帯クリップを左後方で留めることです(写真左上)。
このクリップは、このままずっと留めたままにしておくことで、結んだ状態と同じ強度を保ちます。
お太鼓を前で作る際は、垂れ先から約80cm又はお太鼓柄が正しく出る箇所でお太鼓枕を帯の裏側から付けます(写真右上)。

          
とても涼しげな着付け仕上がりになりました。

着付け教室☆小紋・名古屋帯(改良枕)

4月の着付け教室二回目の今日は、小紋のきものと改良枕を使っての名古屋帯の結び方を行いました(前回のよ様子はこちら)。

                                  
きもの着付けは、重要ポイントであるおはしょりの整理の仕方は完璧に身についたので、今日のポイントは着付け終えた後の襟元の修正の仕方です。
襟元の半襟の出方が少ない場合、襟元を直すのではなく、直したい側の身頃の脇の下辺りを摘んで引くと襟元が広がります。
改良枕の帯結びは、全通柄の場合、ポイント柄と違って普通に二巻するだけなので至って簡単です。
次回の課題として、衣紋抜きの紐を襟の後ろに付けると、更に衣紋が美しく抜けると思います。
翌月のお稽古日は5月14火日と28日になりますので、宜しくお願い致します。

          

着付け教室☆小紋・付下げと名古屋帯の改良枕

桜が満開となり、あちこちで柔らかいピンク色の花吹雪が見られる頃となりました。
しばらくお休みになっていた生徒さん方が来られ、また違うお顔ぶれのメンバーでお稽古が行われました(前回の様子はこちら)。
今日は、きもの着付けと改良枕を使っての名古屋帯の結び方を行ないました。
きもの着付けのポイントは、上前の裾の位置を決める時に、衿先を左右の手でピンと張るように持って調節するというところです。
下前の褄先は床から15cmくらい上げて決め、上前の褄先は5cmくらいにします。
もう一つのポイントはおはしょりの始末です。
着物の両側の身八つ口から手を入れて軽く前後を整え、共衿と背中心を持って中心今日のポイントは、おはしょりの始末です。
襟元を整えた後、左の身八つ口からクリップを入れて下前を止め、おはしょり部分を斜め上内側に折り上げると、上前のおはしょりラインがスッキリ美しくなります。
改良枕での帯結びのポイントは、お太鼓部分に柄が来るようにセットしますが、この時仮紐をお太鼓下部に通しておくと良いでしょう。
ポイント柄が胴前に来るように調節した後、帯を巻き、二巻き目の中心から3cm多く取った位置で内側に折り込んで、最初から巻き直します。
生徒さん方は、回を重ねる毎にポイントを習得されていらっしゃいます。
次回のお稽古は16日10時半になりますので、宜しくお願い致します。

          

着付教室☆小紋・付下げと名古屋帯(改良枕・手結び)

3月の声を聞いて、だんだんと暖かくなってきました。
今日は新しい生徒さんが加わり、小紋・付下げの着物着付けと名古屋帯一重太鼓の改良枕・手結びを行ないました。
今日のポイントは、襟元の見せ方です。
長襦袢を着付けた際には拳一つ分の衣紋を抜きますが、前の襟を重ねる際は首元が開きすぎないようにしっかりと重ねます。
首元の後ろはゆったり目に、前はきっちりとすることが、正統派で美しい装いになります。
帯結びのポイントとしては、改良枕・手結び共に共通していることですが、出来上がったお太鼓の下線・帯の下線・手先の下線・垂れ先の端、この四つの線をきちんとクロスさせることが大切です。
名古屋帯の結び方で一番難しいとされているのがポイント柄で、胴前の丁度良い位置に絵を持ってくるように調整するのが少々大変かと思います。
裾窄まりのスッキリとした仕上がりになりました。

          

着付け教室☆小紋と改良枕の名古屋帯・一重太鼓

               
今日の着付け教室は、前回同様で改良枕を使っての名古屋帯一重太鼓のお稽古でした。
お太鼓柄の帯と六通柄の帯のセットの仕方は違いますので、ご自分の帯の柄に合ったセットの仕方を覚えましょう。
お太鼓柄の場合、お太鼓の柄が表れるように枕にセットし、改良枕の中心から手幅二つ分を計った所に胴のポイント柄が来るように帯クリップを使って調節します(写真左上)。
後は前回と同じように胴に巻いていきます。
六通柄の場合は、同じように胴に巻きますが、手先の部分2~3cmほど出しすように帯クリップを使って調節します(写真右上)。

          
回を重ねる毎に襟元が美しくなっていき、きものを着こなしている雰囲気になってきました。

着付け教室☆小紋と名古屋帯一重太鼓(改良枕)

二月一回目のお稽古は、前回に引き続き、小紋のきものと改良枕を使用した一重太鼓結びを行ないました(前回の様子はこちら)。
名古屋帯の六通柄とお太鼓柄は多少作り方が違いますが、今日は簡単に結べる方法を行ないました。

        
帯枕にお太鼓部分になるところを掛け、お太鼓を作った時に垂れ先も出るようにし、残りの手先を右へ流すように設置してから背中へ背負います。
今日はお太鼓部分にガーゼやさらしを掛けたので、しっかりとお太鼓が背中に付けることができました。
帯の手の部分を同に巻く時は、二巻き目で、前中央より3cm長く取り、手先の残りを内側に折り込みます。
帯を一旦巻き戻し、手先の残りを入れ込んだ上で、再び巻き直します。
次に右手で帯の下側、左手で改良枕の窓枠を押さえて締めます。
仮紐でお太鼓を作ってから、前に預けてあった手先をお太鼓の中へ返し、帯締めで整えます。
改良枕での帯結びをマスターされると、簡単に帯が付けられるので、次回は最終的なステップへと進みたいと思います。

着付け教室☆紬と名古屋帯一重太鼓(改良枕と手結び)

                 
今月のグループ着付け教室には新しい生徒さんが加わりました。
偶然にもお二人の生徒さんが改良枕をお持ちでしたので、簡単に装着できる改良枕と手結びの両方のやり方で帯結びを行いました。
改良枕は、あらじめお太鼓の形になるようにセットしておき、枕を背中に付けてから手先の方を同に巻いていきます。
気づいたことは、ポイント柄は前に柄が来るようにするための工夫が必要だということと、手結びの方が引き締まるということです。
きものの着付けは補正が大切なので、新しい生徒さんはご自分に合った補正をすることから習いました。
市販の補正道具を用いてもいいですし、タオル等を使って手作りのものでも結構です。

           
次回もお好きな着物と帯をお持ちいただければと思います。

着付け教室☆袋帯・二重太鼓と銀座結び

今年最後の着付け教室です(前回の様子はこちら)。
今日は帯の結び方を重点的に行ないました。

  
袋帯はたいてい二重太鼓を結んだ時にお太鼓と垂れの柄が繋がるように仕立てられています。
手元でお太鼓を作る時に垂れ側とお太鼓側の柄がピタリと合う場所があるので、その合わせ方を習いました。
ちょうど綺麗に柄が合って、後ろから見ると一枚の絵のようにお太鼓と垂れが繋がって見えます(写真右上)。

  
二本の帯で二重太鼓の作り方を練習し、最後に銀座結びの作り方を習いました。
銀座結びは、お太鼓枕を使わず、手先の処理の仕方も二重太鼓と違ってきます。
とても粋な雰囲気の仕上がりになりました。

着物着付け教室☆小紋と名古屋帯・一重太鼓、袋帯二重太鼓

                           
今日のお稽古も今まで通りのお顔ぶれで、進めていきました(前回の様子はこちら)。
皆さん、もうご自分のペースで着付けを進めていけますので、途中のポイントを所々でアドバイスさせていただきました。
今日のポイントは半襟の角度です。
半襟の合わせ方は、年齢や着物の種類によって角度を変えます。
年齢が若い方は直角に近く合わせ、年齢を重ねるに従い、角度を狭めていきます。
また、訪問着などの格の高い着物は半襟部分を多く見せるといいので、その分首元を隠すようにし、小紋などの普段着は半襟部分を少なめに見せ、角度も鋭角になるようにします。
あとはご自分の好みで着こなしていっていただければと思います。

     
最初は名古屋帯の一重太鼓を締め、次に袋帯の二重太鼓を結びました。
一重太鼓と二重太鼓の違いは、お太鼓枕を当てる場所です。
一重太鼓は帯のたれ先から約80㎝の所の裏側に、二重太鼓は帯の’たれ+帯幅’の所の表側に当てるという点がポイントです。
皆さん、とても美しい仕上がりになりました。

きもの着付け教室☆小紋と名古屋帯一重太鼓

                           
今日のお稽古は、前回と同じお顔触れで行いました(前回の様子はこちら)。
前回は肌襦袢~補正~長襦袢~きもの~帯の一連の流れを説明させて頂きましたが、これからはポイントごとを記載していきます。
今日のポイントは、半襟の出し加減と帯のお太鼓の形について。
きものを着た時の半襟は、どの位出せばよいかといいますと、首の後ろは5ミリ程きものの襟が高くなり、耳たぶの下辺りで同じ高さに重なり、そこから前にかけて半襟を見せていくようにします。
その際、自分の手の指2本分が基本ですが、そこから好みによって狭くしても広くしてもいいでしょう。
帯のお太鼓の形は年齢によって多少違ってきますが、これだけは守って欲しいという「帯の黄金律」のような決まりがあります。
お太鼓の下線・帯の下線・手先の下線・垂れ先の端、この四つの線をきちんとクロスさせることです。
そこをしっかりと合わせた上で、お太鼓を大きくするか小さくするかはお太鼓枕の高さで決めるようにします。
お稽古では、相手の生徒さんのお太鼓を修正し、どの部分にでを加えれば形が修正できるかを習いました。

            
半襟の付け方も行ない、最後には皆さんで美しく着こなしていらっっしゃいました。

着付け教室☆小紋・名古屋帯一重太鼓

      
今日のお稽古は新しい生徒さんが加わり、小紋の着物で名古屋帯の一重太鼓の練習を行ないました。
きものは外の袖だたみ、帯は屏風だたみにし、その他道具一式をセッティングしてから着付けていきます。
肌襦袢を着て補正タオルをした後、長襦袢を着ていきますが、着物着付けは立ち居振る舞いから美しくありたいので、羽織る時は人差し指に共衿の中心を掛けて後ろから両肩に羽織り、右手左手と袖に通していきます。
紐と伊達締で整えた後、着物を羽織り、共衿を持ち左右に広げて畳スレスレまで降ろします。
先に上前の裾の位置を決めますが、この時の目安は右親指と人差し指の間と衽線が繋がるようにします。
腰紐をしっかりと締めた後に上半身を整えていきます。
次に上半身へ進みます。
両側の身八つ口から手を入れて軽く前後を整え、共衿と背中心を持って中心を確認してから襟元を整えます。
この時、上前と下前のおはしょりが二重にならないように、下前のおはしょりを斜め上内側に折り上げます。
その後きものベルト又は紐で胸元を整えます。

帯を結ぶ時は、胴に巻く帯の輪が下になるようにして、手先を左肩に掛けます。
右手に持った帯を巻いていき、後ろでニ巻き目に入った時に、下側の帯の輪を左手で引っ張ると右脇下の帯の上線がスッキリします。
左右の手を水平に引き合い、帯を締めます。
手先を前に持っていき、一旦仮押さえします。
お太鼓を右前で作ってから後ろへ持っていき、帯枕ガーゼを前で結んだ後、お太鼓の下にできた余りの部分を処理していきます。
お太鼓の垂れを作る時は、帯の下線に合わせて垂れ先から人差し指一本分の位置に仮紐を当て、前で借り結びします。
お太鼓が出来上がったら、前に預けてあった手先をお太鼓の中に入れて処理します。
以上一通りの手順ですが、細かいポイントは又次回お稽古で紹介させて頂きます。

着付教室☆小紋と名古屋帯一重太鼓

    
秋の長雨も重なり、急に冷え込んだ今日、久しぶりの着付け教室です。
以前受講して下さった生徒さんと新しい生徒さんです。
まず道具一式を揃え、肌襦袢を着た後に補正をします。
長襦袢と着物は袖畳みにして整え、帯を折りたたみ、各道具も取りやすいように並べます。
長襦袢ときものを羽織る時は、人差し指に共衿の中心を掛けながら後ろから両肩に羽織ります。
着物着付けは立ち居振る舞いから美しくありたいものなので、普段洋服を着る感覚とは違います。
今日のポイントは、きものの裾合わせです。
きものを羽織った後、共衿をそれぞれの手で持ち左右に広げて畳スレスレまで降ろし、最初に上前の裾の位置を決めてから、左右の手を変えながら下前を巻きます。
そして手首を使って下前の褄先を床から15cm程上げた後、上前をかぶせます。
もう一つのポイントは、おはしょりの始末の仕方です。
下前の衿を合わせた後、ウエストの辺りの余分を上に折り上げて整理すると、おはしょりがスッキリとします。
まだ始まったばかりですので、まずは着物を着てと帯を締めた感じを味わってみましょう。
来月は第一と第三月曜日ですので、楽しみにお待ちしております。

着付け教室☆夏絽・名古屋帯一重太鼓

月二回の着付け教室です(前回の様子はこちら)。
以前に他教室で着物着付けを習われた生徒さんということで、すでに習得されているやり方で3月よりご参加くださっています。
夏に向けて絽の長襦袢と着物で練習しました。
今日のポイントは、帯でお太鼓を作った後の処理の仕方です。
お太鼓を背中に当て帯枕ガーゼを前で結んだ後、お太鼓の下にできた余りの部分を処理していきます。
帯枕の下側左右をピンと張るように伸ばしてから、下の遊び部分を裏面に返し、余った所は内側に入れ込んでベース型または半円形に整えます。
こうすることによって、お太鼓の山がピンと張ってまっすぐになります。
二つ目のポイントは、垂れの長さの決め方です。
人差し指一本分を垂れの長さにして、仮紐を胴に巻いている帯の下線に合わせて留めます。
お太鼓の下線・帯の下線・手先の下線・垂れ先の端、この四つの線をきちんとクロスさせることが大切です。
今日も、ご自分で着付けられた着姿でお帰りになりました。
またいつでもお越しくださいますよう、お待ち致しております。

IMG_6755.jpg   IMG_6754.jpg

着付け教室☆夏絽・名古屋帯一重太鼓

IMG_6596.jpg     IMG_6599.jpg
月二回の着付け教室です。
以前に他教室で着物着付けを習われた生徒さんということで、すでに習得されているやり方で3月よりご参加くださっています。
夏に向けて絽の長襦袢と着物で練習しました。
今回は涼しく着付けということもあり、胸の補正をせずに、胴回りと腰の部分のみの補正となりました。
今日のポイントは、おはしょりの始末です。
着物の両側の身八つ口から手を入れて軽く前後を整え、共衿と背中心を持って中心を確認してから襟元を整えた後、左身八つ口からきものベルトのクリップで下前の衿先1/3を折って整えます。
この時、下前のおはしょりを斜め上内側に折り上げると、ラインがスッキリ美しくなります。
もう一本のきものベルトで、左と同じ高さの位置で上前の衿先を留めます。
帯結びのポイントは、出来上がったお太鼓の形を修正する仕方です。
お太鼓の中に収めた手先の上から少し出ている部分を引き上げると、垂れとお太鼓が引き締まります。
二重になっている帯の背中側を引き上げると垂れが短くなり、外側を引き上げるとお太鼓が小さくなります。
また、お太鼓が小さくならないように、枕を背中に着ける際は高めにしましょう。
今日は、ご自分で着付けられた着姿でお帰りになりました。
再来週もお待ちしております。

着付け教室☆色無地・名古屋帯一重太鼓

月二回の着付け教室です。
今日は、三年ほど前にこちらの着付け教室に通ってくださっていた生徒さんが、久しぶりに参加してくださいました。
近々お香会にご出席されるということで、その前のおさらいという形でお稽古を進めていきました。

         IMG_6120.jpg
肌襦袢~補正~長襦袢~着物という流れで、着付けていきましたが、特に長襦袢の衣紋の抜き具合、胸元の衿の合わせ具合、背中のシワ取りをしっかりと整えることが大切です。
今日のポイントは、帯を胴に巻いた後、右前でお太鼓を作る際に帯をどちら側からひっくり返すかというところです。
外側から自分側へと帯をひっくり返して表を出し、お太鼓を作ります(写真上)。
作ったお太鼓を後ろへ持っていき、帯枕ガーゼを前で結び、お太鼓の下にできた余りの部分を処理していきます。
帯枕の下側左右をピンと張るように伸ばしてから、下の遊び部分を裏面に返し、余った所は内側に入れ込んでベース型または半円形に整えます。

IMG_6118.jpg   IMG_6119.jpg
普段お着物を着てお出かけになるということで、落ち着いて着慣れた感じの仕上がりになりました。
またいつでもお待ちしておりますので、よろしくお願いいたします。

着付け教室☆紬・名古屋帯一重太鼓

IMG_5794.jpg   IMG_5795.jpg
月二回の着付け教室です。
以前に他教室で着物着付けを習われた生徒さんということで、すでに習得されているやり方で進めていきました(前回の様子はこちら)。
まず道具一式を揃え、肌襦袢を着た後に補正をします。
長襦袢と着物は袖畳みにして整え、帯を折りたたみ、各道具も取りやすいように並べます。
長襦袢ときものを羽織る時は、人差し指に共衿の中心を掛けながら後ろから両肩に羽織ります。
着物着付けは立ち居振る舞いから美しくありたいものなので、普段洋服を着る感覚とは違います。
今日のポイントは、きものの裾合わせです。
きものを羽織った後、共衿をそれぞれの手で持ち左右に広げて畳スレスレまで降ろし、最初に上前の裾の位置を決めてから、左右の手を変えながら下前を巻きます。
そして手首を使って下前の褄先を床から15cm程上げた後、上前をかぶせます。
帯結びのポイントは、垂れ先にある織り出し線(織り上げ線・オランダ線・界切線)を目安に垂れ先の長さを決めるところです。
この春、こちらの白大島紬をお召しになってお料理教室に参加されるということで、楽しんでお出かけください。
ギャラリー 創作帯結び
プロフィール

 圭 Kei

Author: 圭 Kei
       
☆きもの着付け師
  Kimono coordinator
財団法人・民族衣裳文化普及協会推薦京都きものコンサルタント協会きもの教授資格

☆着付指導
☆着付講師養成指導
☆ウォーキング講師
 Walking Stylist

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
さくらが3Dで降るブログパーツ ver2