小紋☆同窓会

          
今日は、中学校の同級生とダブル成人式をお祝いする同窓会へお出かけのお客様のきもの着付けのお手伝いをさせて頂きました。
お着物は、シックな黒の地に小花があしらわれた丸模様が、心楽しく浮かび上がる小紋。
帯は、ナチュラルなオフホワイトの地にさり気ない銀糸が輝く名古屋帯。
優しい彩りの蜀江文様が、地に溶け入るように自然に、美しく調和されています。
お着物の柄の差し色と長襦袢と帯揚げ・三分紐の帯締の色が同色系に統一されていて、コーディネート感が漂います。

                         
御祖母様から受け継がれた道行きが、着物姿により着こなし感を添えています。
同窓会のお席で、懐かしい同窓生の方々と楽しい時間をお過ごしください。

付下げ☆入園式

          
先日、息子様の入学式の時にお手伝いさせて頂きましたお客様。
本日はお嬢様の幼稚園入園式が行われるということで、お着物の着付けをさせて頂きました。
御祖母様から受け継がれたという艶やかな綸子地のお着物は、淡い若芽色が輝やかしい付下げ。
同じくお祖母様から受け継がれた帯は、清楚な白銀地の名古屋帯で、精華な輝きを放っています。
ピンク色の帯揚げと帯締、そして襟元の花刺繍が華やかなヤングミセスの和の装いを演出しています。
ご入学おめでとうございます。
充実した入園生活になりますように、お子様の健やかな成長をお祈りします。

付下げ☆入学式

          
葉桜が目に鮮やかになってまいりました。
先月卒業式のお着付けでお手伝いさせて頂いたお客様。
本日はお嬢様の中学校の入学式にご参列されるということで、ご来店下さいました。
お着物は、ご自身がご結婚される際に仕立てられたという鴇色の付下げ。
おだやかな絹の艶めきを放つ鴇色から銀鼠への裾ぼかしが、清楚な雰囲気を醸し出しています。
帯は、ご自身が成人式の際にお使いになられた煌びやかな金地の袋帯。
統一された装いがフォーマルのシーンで素敵な着姿を引き立ててくれることでしょう。
ご入学おめでとうございます。
お子様のご健康とご家族皆様のご多幸をお祈り申しあげます。

付下げ☆入学式

          
桜の花がほころんできた今日、お子様の小学校の入学式にご参列されるお母様のお着付けをさせて頂きました。
お着物は、御祖母様から受け継がれた暖かみある明るい若芽色の付下げです。
花の地紋が浮かび上がった綸子地に、絞りの花意匠が清らかに漂っています。
帯は、こちらもお祖母様から受け継がれた白地の清々しい名古屋帯。
お着物の意匠がそのまま帯に映し出されているようで、更にピンク色の帯揚げと帯締で、フォーマルな装いの中にもエレガントな雰囲気が感じられます。
ご入学おめでとうございます。
お子様の健やかな成長とご家族のご多幸をお祈り申し上げます。

付下げ☆結婚式

          
桜の開花シーズンに入る頃となりました。
今日は、いつもご愛顧いただいておりますお客様がご友人の御子息様の結婚式にご出席されるということで、着付けのお手伝いをさせていただきました。
お着物は、白群色に彩られた春めいた付下げ。
しっとりと肌上を滑るような艶めきの着物地は、陽春の季節にぴったりなお召し心地かと思われます。
帯は、金光沢を帯びた地に古典の柄がが表され、気品を醸し出す袋帯。
密な織り口ながらも、しなやな風合いで、大変心地良く結ばせて頂きました。
お慶びの晴れやかなお席に、ひときわ雅やかさを演出してくれることでしょう。

付下げ☆卒業式

          
今日は、小学校のお子様の卒業式にご参列されるお客様のきもの着付けのお手伝いをさせて頂きました。
お着物は、ご自身がご結婚される際に仕立てられたという鴇色の付下げ。
優しい色合いの絹地に裾にかけて広がる情感あるぼかしは、今の桜シーズンにはぴったりでしょう。
主役であるお子様をを引き立てつつ、上品で落ち着いた雰囲気を漂わせています。
帯は、ご自身が成人式の際にお使いになられた煌びやかな金地の袋帯。
同じ珊瑚色で合わせた重ね襟と帯締めが、程よい引き締め感を出しています。
卒業式のシーンにふさわしく落ち着いた正統派に演出いたしました。
ご卒業おめでとうございます。
お子様の新しい門出を心よりお祝い申し上げます。

色無地☆金春流宗家継承披露パーティー

        
今日は、ご自身が活動されている能楽金春流宗家継承披露パーティーにご出席されるというお客様のお着付けをさせていただきました。
お着物は、パッと目を引く鮮やかな韓紅色に染め上げられた色無地小紋。
帯や小物で印象の変わる色無地ですので、品のある色の重ね襟を付け、準礼装とした装いで。
帯は、絹の煌めきが美しい地にはっきりとした柄、更に古典模様が織り現された袋帯。
白の帯揚げで格を上げ、本日の披露パーティーに相応しい正統派の装いで演出してみました。

                            
日本文化の着物の装いとともに、日本の伝統芸能のお祝いする場で、どうぞ充実した刻をお過ごしください。

付下げ☆お宮参り

        
今日は、お孫様のお宮参りのお祝いをされるお客様の着付けのお手伝いをさせて頂きました。
お着物は、薄い珊瑚色に染め上げられた落ち着きのある付下げ。
しなやかな絹地には扇と四季の花々が描かれ、品格ある面持ちが感じられます。
帯は、艶めく金糸の地に古典意匠が織り込まれた袋帯。
お孫様のお掛けが黒色ということで、主役であるお孫様をを引き立てつつ、上品で華のある雰囲気が漂っています。
お宮参りおめでとうございます。
皆様のご健康とご多幸を祈っております。

付け下げ☆初釜

          
いつもご愛顧を頂いておりますお客様。
昨年の初釜の際にお手伝いさせて頂いて以来、一年ぶりに着付けのお手伝いをさせて頂きました。
お着物は、絹の輝きがまばゆい綸子地の付け下げ。
薄いクリーム色の地にぽかし染めもほどこされ、華美になりすぎない金彩のあしらいが品格を印象づけています。
帯は、一昨年の初釜の際にお召しになられた新春の行事にぴったりの花貝模様の袋帯。
二重太鼓で古典の意匠美を装い、帯揚げと帯締めは薄い桃色ではんなりと。
今日はお茶会のためのお菓子とお惣菜をご自分で手作りされたとのことで、素敵なお茶会を過ごされますように。

小紋☆能観劇

       
今日は、能鑑賞へお出かけのお客様のお宅へ着付けのお手伝いで伺ってまいりました。
お着物は、お母様から譲り受けたという思い入れのある小紋。
ふっくらとしたシボ感が豊かなちりめん地に小花が柔らかく広がる優しい雰囲気のお着物です。
帯は、こちらもお母様から受け継がれた、鮮やかな代赭色地の名古屋帯。
織り込まれた糸巻き文様が愛らしく、上品で味わいある表情を醸し出しています。
帯揚げと帯締めは、すっきりとした同系色でまとめ、さり気ない引き締め感を演出しています。
素敵な秋の装いで、お能の時間をお楽しみくださいませ。

付下げ☆七五三

      
本日は、息子様の七五三のお祝いと記念の写真撮影をされるお客様の着付けのお手伝いをさせていただきました。
お着物は、叔母様から受け継がれたという淡い茜色の落ち着きある付下げ。
滑らかな絹地には、御所車に菊や牡丹の花が散りばめられていて、格調高く上品な雰囲気が漂います。
帯は、白の絹地に亀甲や入子菱などの有職文様が雲海に繊細に織り込まれた袋帯。
お祝いシーンにふさわしく、息子様を引き立てる落ち着いた正統派の装いに演出いたしました。
七五三のお祝い、おめでとうございます。
健やかでたくましくご成長されますよう、息子様のお祝いを心よりお祝い申し上げます。

付下げ☆結婚式

     
 
以前、大学ご卒業のだ際に袴の着付けをさせて頂い出かけた以来、着付け教室にも通って下さっているお客様です。
今日はご友人の結婚式に参列されるということで、お手伝いさせて頂きました。
着物は、お母様からで受け継がれたという桜色に染め上げられた付下げ。
扇に牡丹や菊の花意匠が浮かび、ほんのりと感じる絹艶が、優雅な佇まいを表しています。
帯は、着物と合わせてお揃いになったという袋帯。
金光沢を帯びた地に着物に合った上品な意匠が豪華に広がります。
お太鼓ではなく、花びらをふんだんに重ねた創作帯結びで華やかさを演出してみました。
飾り紐で更に豪華さを表現しました。
お慶びの晴れやかなお席での艶やかな着物姿は一際目を惹くことでしょう。

紬☆コンサート鑑賞

           
いつもご愛顧頂いておりますお客様です。
今日は、ヴァイオリンのコンサートへお出かけということで、着付けのお手伝いをさせて頂きました。
お着物は、織りの温かみが伝わるような風合い豊かな紬小紋。
濃紺の地色に縦縞模様がスーッと通り、シックな雰囲気が広がります。
帯は、インド綿が使用された自然味溢れる名古屋帯。
小洒落な気分を表現して、角出しを結ばせて頂きました。
すぐそこまで近づいて来る秋を先取りして、落ち着きある着姿になりました。
どうぞ素敵な時間をお過ごしください。

江戸小紋☆観劇

IMG_6086.jpg   IMG_6080.jpg
いつもご愛顧頂いておりますお客様です。
今日は観劇にお出かけということで、きもの着付けのお手伝いをさせていただきました。
お着物は、深い鼠色を基調に染め上げられた江戸小紋。
縦に細かい縞柄が数ミリにも満たない線の集合で表現され、その細緻さに思わず感嘆させられます。
帯はお着物と同系のシックなグレーを基調に織り上げられたしゃり感のある袋帯。
平安時代以降に格の高い文様とされた立涌模様が、銀糸を贅沢に織り込んだ市松デザインの中に浮かび上がり、気品が漂います。
お衿をゆったりと着られたいということで、胸周りに補正を加えて風格を落とさぬよう着付けさせて頂きました。
桜舞う暖かな日に、桜色の帯揚げと帯締めといった春のテイストを加えた和の装いで、今日のお出かけを楽しんでください。

訪問着☆入学式

IMG_6029.jpg   IMG_6031.jpg
お子様の入学式にご出席されるお母様のお着付けをさせて頂きました。
お着物は、御義理母様から受け継がれた美しい桜色の訪問着です。
青海波の意匠が浮かび上がった紋綸子地に、優美な絞りが浮かび上がり、清らかさが漂います。
帯は、清々しい白地に煌びやかな意匠が一面に織り出された袋帯。
金彩の施された七宝つなぎ紋様が、高雅な表情を映し出しています。
御祖母様から受け継がれた佐賀錦の帯締めが、フォーマルな装いをより引き立てていらっしゃいます。
ご入学おめでとうございます。
お子様の健やかな成長とご家族のご多幸をお祈り申し上げます。

色無地☆入学式

IMG_6022.jpg   IMG_6025.jpg
一昨年、お子様の七五三の際にお手伝いさせていただきましたお客様です。
今日はお子様の入学式にご出席されるということで、お着付けをさせていただきました。
お着物は、 落ち着きある深川鼠の絹地に細密な地紋が浮かび上がった色無地小紋。
滑らかな艶めきは、奥深い独特な魅力を感じさせてくれます。
帯は、御召茶色の地に牡丹の花が織り込まれた袋帯。
白の帯上げ、とんぽ玉の白帯締めを用いたフォーマルなシーンの装いで、品格漂う存在感が表れています。
ご入学おめでとうございます。
お子様の健やかな成長とご家族のご多幸をお祈り申し上げます。

訪問着☆卒業式

IMG_5854.jpg   IMG_5858.jpg
本日は、お嬢様の高校卒業式にご出席されるお客様のきもの着付けをお手伝いさせていただきました。
お着物は、御母様に仕立てて頂いたという辻が花意匠の訪問着。
情緒を含んだ曙色の絹地に、裾にかけて融け込むような濃淡の彩りが情感を高めています。
帯は、金糸の地に装飾文様が繊細に織り込まれた袋帯。
極上の装いは、卒業式のシーンにふさわしく落ち着いた正統派に演出いたしました。
ご卒業おめでとうございます。
お子様の新たな門出を心よりお祝い申し上げます。

小紋☆卒業式

IMG_5811.jpg   IMG_5812.jpg
今日は、お嬢様の卒業式にご参列されるお客様の着付けのお手伝いをさせて頂きました。
お着物は、グレーの濃淡のグラデーションがシックで落ち着いた粋な小紋。
春の季節に相応しい椿の意匠があしらわれ、艶感ある面持ちを表しています。
帯は茜色と金糸が織り込められた絹地に、こちらも椿の花の刺繍が施された味わいある表情の名古屋帯。
お着物と帯の柄ゆきが重なり、さりげない統一感とエレガントな印象を感じさせてくれます。
ご卒業おめでとうございます。
お子様の新たな門出を心よりお祝い申し上げます。

付下げ☆卒業式

IMG_5801.jpg   IMG_5802.jpg
以前、紫綬褒章受賞記念祝賀会へご出席の際にお手伝いさせていただいたお客様です。
本日は、ご主人様の大学院のご卒業式に参列されるということで、お見えになりました。
お着物は、お母様から受け継がれたという総絞りの付け下げ。
上質な絹布に圧巻の絞りの量で、幻想的な華やぎに満ち溢れています。
帯は、こちらもお母様より受け継がれた袋帯。
しっかりと密な帯地に源氏物語絵巻の意匠が織り上げられ、品格に満ちた面持ちです。

  IMG_5806.jpg     IMG_5807.jpg

           IMG_5808.jpg
ご一緒にお伴される黒のバッグは、ご自分でお作りになったそうです。
和の生地に染められた花の柄にビーズをあしらえ、繊細な匠の技が伺えます。
内側の布は洋スカーフが用いられ、和洋折衷スタイルがとてもお洒落です。
この度はおめでとうございます。
ご主人様の今後の更なるご活躍をお祈りします。
その後、「裾さばきがとても楽でした」とのお言葉を頂き、ありがとうございました。

訪問着☆卒業式

IMG_5749.jpg   IMG_5752.jpg
昨春、息子様の卒業式の時にお手伝いさせていただきましたお客様です。
今日はお嬢様の中学校の卒業式ということで、きもの着付けのお手伝いに伺ってまいりました。
お着物は、御義理母様から受け継がれたという、薄い珊瑚色に染め上げられた絹地の訪問着。
主役であるお嬢様をを引き立てつつ、上品で華のある雰囲気が漂っています。
帯は、こちらもお着物に合わせて受け継がれた爽やかな白地の袋帯。
小さなハートを葉に見立てた刺繍が枝一面に彩られ、モダンで可愛らしい意匠に仕上げられています。
ハート意匠は家紋の色と同色で合っていて、細やかなお洒落が垣間見られます。
ご卒業おめでとうございます。
お子様の新しい門出を心よりお祝い申し上げます。
ギャラリー 創作帯結び
プロフィール

 圭 Kei

Author: 圭 Kei
       
☆きもの着付け師
  Kimono coordinator
財団法人・民族衣裳文化普及協会推薦京都きものコンサルタント協会きもの教授資格

☆着付指導
☆着付講師養成指導
☆ウォーキング講師
 Walking Stylist

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
さくらが3Dで降るブログパーツ ver2